47歳で童貞。優しいだけじゃモテない悲しい現実

NOと書かれた絵

【この記事を書いた人】ヒト

コミュニケーションや恋愛の教材・コンサルへ150万円以上投資してきた経験を生かし30歳から逆転できる」恋愛ノウハウを発信中。

30歳まで童貞だった僕の体験談も公開してます。

ワークショップ開催実績15回。

2019年度は恋愛のオンラインサロン管理人を一年二ヶ月経験。

◾️詳しいプロフィール
◾️メールマガジン

僕には47歳童貞のすごく優しい知り合いがいます。

彼は性格のいいおっちゃんです。でも女友達から「すごくいい人なんだけど付き合うのは・・・」と言われてしまっています。

いわゆる「どうでもいい人」扱いなのです。悲しいですが、これが現実です。

 

童貞を捨てるなら「いい人」のままじゃいけません。ただのモブキャラじゃなく、唯一無二の男にならないといけないのです。

なぜなら、女性はただ優しいだけの男には魅力を感じないから。

優しくしてもらうなら、男友達で十分です。女性は男に優しさだけじゃなく頼り甲斐とか男らしさ、男としての魅力を感じるから体を許すのです。

 

以下、47歳童貞の彼に何が足りないのか、また優しさだけじゃ童貞を卒業できない理由もお話ししていきます。

 

47歳童貞の知り合い

47歳で童貞の彼は、男からするとめちゃくちゃいいヤツです。人間的にもすごく信頼できます。

「早く彼女ができてほしいな」と応援したくなるほどです。

 

しかし、彼はいいヤツなのですが女性からは全然モテないのです。

女性からすると彼は「いいヤツだけど付き合っても楽しくなさそう」と思ってしまうそうです。ただの男友達止まりなんですね。

以下、47歳の彼が抱える問題点について述べていきます。

 

優しい性格

47歳で童貞の彼はとても優しい心を持っています。

話しかけやすいし、薄汚いところがないので友達としては最適だと思います。実際に男友達は多いです。

ですが、恋愛では優しいだけの男を好きになる女性は少ないのです。

 

ジェットコースターってありますよね?遊園地とかでよくある、絶叫マシーンと呼ばれるアレです。

乗ったことがある人はわかると思うのですが、高いところから急降下したり、ちょっと落ち着いたらまた急降下したりカーブしたりとドキドキしっぱなしですよね。

乗ると心臓が飛び出るぐらいドキドキするとわかっているのに、乗りたがる人が多いのです。

僕は正直ジェットコースターは嫌いなのですが、友達と行くと大体乗るハメになります。うざいです。

 

しかし、これがゆっくり直進するだけの路面電車のような乗り物だったらどうでしょう?

誰も並ばないでしょうし、乗っても楽しくないと思います。

ゆっくり直進するだけでは、ただ車で移動しているような刺激しか得られないからです。

精神的には楽なんですが、面白みはないんですね。

 

優しい男は、女性にとって「ゆっくりと直進するだけの路面電車」のようなものです。

ジェットコースターは乗っていて面白いですが、路面電車に乗ってもそこまで楽しくないですよね(鉄道ファンの方すみません)。

路面電車のような刺激のない男は、女性に「付き合ったら面白そう」と思わせることができないのです。

 

女の子は男と付き合うことでドキドキするような体験をしたいと思っています。

なので、「優しいだけの男はつまらない」と言われてしまうのですね。

 

僕らは「優しいだけじゃモテない」ということを理解しておかないといけないのです。

 

女ウケしない外見

47歳の彼の見た目はとてもおしゃれとはいえません。どちらかというとおじさん臭さがにじみ出ています。

性格が良いことは確かなのですが、男らしさは1ミリも感じられません。

 

彼とはアウトドアのイベントで出会ったのですが、野球小僧がしそうなファッションをしていました。

メジャーリーガーがかぶるようなキャップと野球のTシャツ、サングラスといったもので身をかためていました。

断っておきますが、別に野球が好きな人を否定しているのではありません。僕も昔野球をしていましたし、野球は好きです。

 

僕が言いたいのは、女性との出会いもあるイベントでこんな格好をしていると「デートにもこんな格好で来るんじゃないの?」と女性に思われてしまいますよ、ということです。

 

シンプルで清潔感のあるファッションが異性にウケることはもはや常識となっています。

なのに彼は女性ウケを全く気にしない格好をしていました。

モテないのも無理はありません。「モテたくありません」と、自分で主張をしているかのようです。

 

たとえば、僕らが出会いの場に行って40歳の女性がやたらカラフルな服装をしていたらどう思いますか?

似合っていたとしても、「街中を一緒に歩きたくないな」と思ってしまいますよね。

 

47歳で童貞なら、モテるためには女性ウケするファッションをしなければいけません。

買い物中のカップル

女性目線でファッションをつくれ。童貞の正しい服の買い方

2018年8月16日
女性ウケするファッションについてはこの記事で詳しく述べています。

 

あなたが47歳で童貞なら、自分の好きな服を着るのではなく女性に合わせる感覚を身につけてください。

「相手の立場で考える」というのは、ファッションについても当てはまることです。

やり方を変えないと、結果が出ないことはたくさんあるのです。

 

自分の見た目について自信のない人は、「女性ウケ」という視点で考えてみることをオススメします。

 

女の子に話しかけない

47歳の彼は、女性に自分から話しかけにいきません。

女性からのアプローチを待っているのかもしれませんが、男のほうから女性に話しかけていかないと仲良くなることはできません。

女性から話しかけてくれるパターンなんてほとんどないからです。

 

あなたが「いつまでたっても童貞を卒業できない」というのであれば、自分から女性へ話しかけるという行為が足りていないのかもしれません。

自分から積極的に話しかけることができないと、デートで女の子をうまくリードできなかったり、ここぞという場面でおじけづいたりすることにつながります。

 

僕ら男は、自分から話しかける度胸がないと女性と仲良くなるのは難しいのです。

ほとんどの女性は自分のパートナーに「男らしさ」を求めています。

自分から女性に話しかけられないと男らしくないし、女性から話しかけられるのを待っていてはチャンスも逃してしまうのです。

 

あなたが女の子に話しかけることを苦手とするなら、最初に発する言葉を考えてから話しかけるようにしましょう。

できれば、そのあとの会話のやり取りも想定しておくとスムーズに会話が進みます。

女性に話しかける時に言う言葉なんて「久しぶり〜」「おはよー」などのカンタンなあいさつでいいのです。

変にセンスのいい言葉などを考えるから、緊張したりどもったりしてしまうのです。

 

女の子に気軽に話しかけられないと、童貞を卒業することは難しいのです。

 

優しいだけじゃ童貞は卒業できない

道路標識の写真
  • 「僕の長所は性格がいいところです」
  • 「よくみんなから良いヤツと言われます」
  • 「レディーファーストを心がけています」

このようなことを言っている男は、たいていモテる男ではありません。

モテる男は優しさだけではなく、正義感だったり強さだったりと男から見ても魅力的な部分を持っているものです。

 

僕たちは優しいだけじゃモテないという現実と向き合わなければいけません。

以下、優しいだけじゃ童貞を卒業できない理由について述べていきます。

 

優しさは長所ではない

よく勘違いされるのですが、優しい性格は長所とは言えないのです。

なぜなら、優しい男なんて山のようにいるからです。

  • 「君と付き合ったら僕は一生浮気なんてしないよ」
  • 「誰よりも君に優しくするよ」
  • 「一生養ってあげるよ」

あなたの好きな女性に上記のようなことを言っても、「ありがとう」と返ってくるかもしれませんが心にはひびかないでしょう。

女性が恋愛に求めているのは、楽しさや嬉しさなどの刺激的な要素なのです。

優しい性格というのは、女性にとってスパイスにはならないのです。

 

もちろん、優しい性格であることは人として素晴らしいことだと思います。

ただ、優しさだけでは女の子を落とすことはできないし、付き合っていくことも難しいのです。

 

あなたが優しい性格なら、女性の前では優しさではなく楽しさを与えてあげられるようにしましょう。

具体的には、恋人のように女の子をからかったり、女の子が行かないような店に連れていってあげたりするといいでしょう。

女性に対しては、予想を裏切る行動や発言をしていくと楽しんでくれるものです。

 

優しさは長所とはならないので、他の部分で自分の持ち味を出していけるようにしましょう。

 

優しい男より、面白そうな男に惹かれる

女性が惹かれるのは、優しい男ではなく一緒にいて面白そうな男です。

中学生や高校生のときを思い出してほしいのですが、あの頃モテたのは性格の優しい男ではなくヤンキーやスポーツマンだったと思います。

女性は本能的に、優しいだけの男ではなくちょっと危険で面白そうな男に惹かれるのです。

 

社会人になっても性格の優しいだけの男は、話が面白い男やチャラい遊び人に負けてしまうんですね。

チャラいヤツばかりモテて、性格の優しい男は童貞のまま歳を重ねていっているのが現実です。

 

あなたが「このままモテなくてもいい」というのであれば構いません。

でも、そうでないならば優しいだけの男は今日でオサラバしましょう。

 

これからは、女性にアピールするのは優しさではなく他の部分にしましょう。

具体的には面白い話をしたり、女性が予想しないことを言ったりするといいでしょう。

会話に関しては僕の無料メール講座でも解説しているので、まだの人は登録してみてください。

あなたが優しい性格を持っているのなら、その優しさを持ちつつ面白い男を目指していきましょう。

 

優しさは出し惜しみしよう

優しい性格のあなたは、女性に対しては優しさは出し惜しみするくらいがちょうどいいです。

なぜなら、女性にいつも優しくしているとその優しさに慣れてしまうからです。

 

念のため言っておきますが、きつく当たればいいというわけではありません。

女の子に冷たくすると、それこそ一発で嫌われてしまいます。

好きな女の子だからと他の子以上に優しくしたりするのをやめましょう、と言っているのです。

 

オススメは、あなたが好きな子に対しても、他の女友達と同じように接することです。

心の中で「こいつは女友達と同じなんだ」と唱えながら話をすると変に優しくすることはなくなります。

 

他には、女性をのように接するというのもあります。「妹マインドセット」とも呼ばれますね。

自分の兄弟であれば、変に気を使うことはないですよね。女の子をさも自分の家族のように接することで、余裕や自信を感じさせることができるのです。

好きな子と一緒にいて緊張するときには、女友達や妹だと思って接すると冷静になれるのでオススメです。

 

優しくするだけでは女の子から好かれることはないので、あなたが持つ優しさ以外の良いところを出していくようにしましょう。

 

47歳で童貞なら優しいだけではダメ

47歳童貞の彼のケースから、優しさだけではモテない理由について述べてきました。

女性と接するときのポイントをもう一度まとめると、

  • 優しさは長所ではないから、他の部分でアピールする
  • 優しい男でなく、一緒にいて楽しい男を目指す
  • 優しさは出し惜しみする

この3つでしたね。

 

47歳の彼の例からわかる通り、優しいだけの男は女性からモテることはないのです。

優しいだけの男は女性とは友達になれても、彼氏にはなかなかなれないものです。

一緒にいても楽しくないので当然ですよね。

 

でも、あなたが優しい人ならそこは誇りを持つべきだと思います。

人に優しくできないやつは友達なんてできないからです。

あなたは優しさではなく、女性を楽しませる会話テクニックやおしゃれなファッションなどでアピールしていけばいいのです。

 

では、今回は以上にします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!