房中術とは? 房中術をマスターするにはオナ禁が絶対必要な理由

陰陽道の絵

【この記事を書いた人】ヒト

コミュニケーションや恋愛の教材・コンサルへ150万円以上投資してきた経験を生かし30歳から逆転できる」恋愛ノウハウを発信中。

30歳まで童貞だった僕の体験談も公開してます。

ワークショップ開催実績15回。

2019年度は恋愛のオンラインサロン管理人を一年二ヶ月経験。

◾️詳しいプロフィール
◾️メールマガジン

房中術という言葉を聞いたことがありますか?

「房中術」とは「女性が十分に興奮した状態で交わること、男性は快楽に身を任せず精(精液のことではなく気の一種)を漏らさないように交わること」です(Wikipedia参照)。

「接して漏らさず」とも表現されますね。

 

房中術をマスターするには射精をコントロールできなければ話になりません。

房中術についてあれこれ考える前に「射精をガマンできるpc筋」を手に入れましょう。

 

オナ禁については以下の記事が参考になります。

参考記事:オナ禁で彼女ができる理由を徹底解説!童貞こそオナ禁すべし!

参考記事:オナ禁でモテるの!?5年以上オナ禁してわかったモテ効果とは

 

オナ禁と房中術との関係

オナ禁は射精でのエネルギー消費を極力なくすことを目的として行うものです。

たとえセックスのときであっても、射精はしないほうがいいのです。

 

房中術の基本は「接して漏らさず」であり、射精をコントロールするオナ禁をマスターしていることが大前提なのです。

 

房中術のノウハウ

房中術を学ぶ前に、男性器の仕組みについても理解しておく必要があります。

ペニスは排尿や射精といった排出の働きだけでなく、吸収する働きももっています。

セックスを通じてペニスの先から女性の精エネルギーを吸収することができるのです。

これは訓練が必要ですね。

 

牛乳を入れたコップにペニスを垂らし、 ペニスにギュッと力を入れて吸い上げるトレーニングがありますので、一度やってみるといいでしょう。

ペニスの先から精エネルギーを吸い込むには、ペニス周辺の筋力トレーニングが必要不可欠なのです。

 

房中術はコンドームをつけずに女性と交わることを想定しているので、射精のコントロールができないと望まない妊娠を生んでしまうリスクがあります。

房中術の訓練をする以前にオナ禁(射精コントロール)をマスターしておく必要があるのです。

 

房中術を学ぶのにオススメの本

タントラ房中術入門

僕も実際に買って勉強しました。

房中術や射精のコントロールについて詳しく説明されていますし、食事療法や房中術に適した体位の説明も載っています。

ただ、値段が少し高いです笑

あと女性のヌード画像が意味もなく各章の合間に挿入されています笑

それを除けば非常に勉強になる本だと胸を張っていえます。

 

房中術を使う相手がいない

この記事を読んでいる人の大半は男性だと思いますが、「そもそも彼女がいない!」という方もいるでしょう。

そういう方はとにかく頑張ってください。

 

・・・と言いたいところですが、気合いや根性だけでは恋愛戦争を勝ち抜くのは厳しいです。

死ぬ気でガムシャラに頑張る前に、 他のライバルと戦うための武器(恋愛テクニック)を一通り勉強しておくべきです。

僕のメルマガでは女性を口説き落とすための恋愛戦略についてお伝えしているので、こちらで勉強していただければと思います。

 

オナ禁や房中術をマスターしモテる男へ

房中術はオナ禁のメソッドを習得していないとマスターできません。

でも、オナ禁をある程度マスターできた人は、房中術も比較的カンタンにマスターできるはずです。

オナ禁を続けるだけでも効果はありますが、房中術もマスターできればより魅力的な男になります。

せっかくオナ禁を続けているのなら、最終的には房中術もマスターしてほしいと思います。

 

では、今回は以上で。

最後まで読んでいただきありがとうございました。