【童貞で不安なのは当然】童貞は王道・正攻法を選ぶべきワケ

頭をかかえる子供

【この記事を書いた人】ヒト

コミュニケーションや恋愛の教材・コンサルへ150万円以上投資してきた経験を生かし30歳から逆転できる」恋愛ノウハウを発信中。

30歳まで童貞だった僕の体験談も公開してます。

ワークショップ開催実績15回。

2019年度は恋愛のオンラインサロン管理人を一年二ヶ月経験。

◾️詳しいプロフィール
◾️メールマガジン

ヒトです。

現在進行形で童貞だと、「童貞」って言葉に恐怖を感じますよね。

僕も26歳、27歳と歳を重ねるごとに余裕が焦りに変わっていき、どうすればいいかわからず夜中に家を飛び出して走り出したことがあります。その時は5キロほどランニングしました。

 

童貞の不安を少しでも減らすなら、童貞を捨てるしかありません。恋愛を頑張るしかありません。

恋愛では王道・正攻法のやり方で戦うことで不安を軽くすることができます。

王道・正攻法は必ずしも近道とはかぎりませんが、着実に一歩ずつ成果がついてくるものなのです。

 

以下、童貞が不安を感じる原因と、童貞で不安な男は王道・正攻法がオススメな理由をお話しします。

着実に一歩ずつでいいので、できることからチャレンジしましょう。

 

童貞だと不安を感じるもの

童貞だと恋愛トークや女性との会話で不安を感じてしまうものです。

「童貞=恥ずかしい」という図式が世間では成り立っていて、童貞バレすることは死ぬのと一緒だからですね。

僕も何回か童貞バレしたことがありますが、めっちゃ死にたくなったのを覚えています。

 

童貞の男は、

  • セックス経験がないこと
  • 人よりも劣っているという不安
  • 魔法使いへの恐怖
  • バカにされることへの恐怖
  • 女性への恐怖
  • 「生涯童貞なのかも」という恐怖
  • 好きな子を他の男に奪われる恐怖

このように多くの不安や恐怖をかかえて生きているのです。死にたくなるのも無理はありません。

 

以下、童貞が抱える不安や恐怖について説明していきます。

 

セックス経験がないことへの不安

童貞の男にとって、セックスの経験がないことは不安でしかありません。

もしそういうシチュエーションになっても、セックスの経験がないと積極的にいけなかったりするんですね。

童貞だと勇気を出さないといけない場面でアクションを起こすことができず、女の子をガッカリさせてしまうことがあるのです。

 

セックス経験がなくて不安なら、セックスについて学ぶことをオススメします。

ベッドに入る二人

童貞はセックス下手なのは必然。童貞こそセックスを学べ!

2018年11月2日
セックスについてはこの記事で説明しています。

セックスの仕方について学んでおけば、セックス経験がないことへの不安も軽くなるものです。

 

どうしてもセックスの経験がないことが不安であれば、ソープに行ってしまうのもアリだと思います。

注意点としては、ソープに行くと素人童貞という肩書きになってしまうことです。

素人童貞は女性ウケが死ぬほど悪いので、ソープに行ったことは死ぬまで言わないことをオススメします。墓場まで持っていきましょう。

女性は「風俗に行く男はモテない男だ」と思っているので、風俗に行った経験も誰にも言わないほうがいいでしょう。

 

童貞ならセックスへ不安を感じてしまうのは仕方がないことです。

その不安を少しでも減らせるように準備しておきましょう。

 

童貞バレへの不安

あなたが童貞なら「周りから童貞だと思われていないだろうか」と不安になったことがあると思います。

これに関しては、童貞かどうかはバレているものと思って間違いありません。

童貞っぽい人は雰囲気でなんとなくわかってしまうものだからです。悲しいですが、これが事実です。

 

なので、「童貞とバレたらバレたで仕方ないや」というように気楽に考えておきましょう。

あまり童貞のことばかり気にしていると、逆に童貞コンプレックスを刺激されるようなことを言われかねません。

考えすぎると逆に付け込まれるのです。

どうしようもなくなったら、逆ギレしましょう。卑屈になるよりはマシです。

 

童貞であることは仕方がないし、事実なので言い訳はできないものです。

あなたが童貞で何十年も苦しんできたのなら、悔しい思いはたくさんしてきたはずです。

だからこそ、これからは恋愛に対して真剣に向き合ってほしいのです。

 

童貞バレが怖いなら、童貞を卒業してしまうしか解決策はありません。

ごまかしてもどうせバレる日が来るからです。

 

童貞とバレるのが怖いのなら、童貞を捨てるための努力をするしかないのです。

 

人よりも劣っているという不安

童貞の男は、「周りの人間より劣っているのではないか」という不安を感じてしまいます。

人からバカにされたり、仲のいい友人に彼女ができると「童貞の俺は変わっているのかな」と不安を感じてしまうものです。

 

童貞が人として劣っているということはないですが、危機感を持っておくべきだと思います。

なぜなら、何もしないで急にモテる男にはなれないからです。

宝くじに当たれば億万長者になれますが、くじ引きではモテる男になることはできません。

 

モテる男になるには、地道に努力をするしかありません。

考え方を変えて、ファッションや喋り方を研究して、少しずつモテる男へステップアップしていくのです。

劣等感を自信に変えるのは毎日の積み重ねだけなんですね。

 

モテるための最短ルートを知りたいのであれば、僕の無料メール講座に登録しておくことをオススメします。

 

あなたが人よりも劣っているのではないかと不安になったのなら、不安を感じることがないくらい仕事や恋愛に一生懸命になるしかないのです。

 

魔法使いへの恐怖

童貞のまま30歳になると魔法使いになるというのは有名な話です。

ですが、魔法使いになるというのはただのまやかしで、30歳童貞になったからといって何も変わりません。負けた気持ちになるだけです。

言い訳せずに一生懸命頑張って童貞を捨てるしかありません。

 

ただ、あなたがまだ30歳になっていないのであれば、「30歳までに童貞を卒業する」というのを目標に立てるべきです。

なぜなら、童貞だけでもしんどいのに魔法使いというレッテルを貼られるとさらに生きづらい人生になってしまうからです。

 

やはり、年齢は若いほうが童貞を捨てるのはカンタンなんですね。

出会いもたくさんあるし、時間もあるのでいろんなことにチャレンジできるからです。

あと何かやらかしても「若気の至り」という言い訳が使えます。これは30歳になるとリアルに感じます。

 

でも、30歳童貞でも40歳童貞でも戦い方はあります。

年齢を言い訳にしているようでは勝てる試合も負けてしまいます。

 

もしも言い訳をしたくなってしまったときは、「逆境を楽しもう」という考え方をしてみてください。

「ピンチはチャンス」といいますが、どんな状況でもチャンスは眠っているものです。

 

ちなみに30歳の男はモテる年齢だといわれていますし、40歳の男でもオシャレで話が面白ければ女性から行為を持ってもらえるものです。

 

魔法使いという言葉に惑わされずに、自分の持っているカードを使って勝負してほしいと思います。

 

童貞で不安なら王道・正攻法を選べ

階段を上る絵

童貞のあなたは、王道・正攻法といわれるやり方を取り入れることをオススメします。

王道や正攻法のやり方は時間がかかるかもしれませんが、確実性があるし目標を見失うことも少ないからです。

 

僕ら男にとって、恋愛の王道とは「モテる男になり、女性を魅了すること」です。

モテる男になることを目指せば、そのプロセスで童貞を卒業できるし彼女をつくるスキルも身につくのです。

以下、童貞の男には正攻法のやり方がオススメな理由についてお話しします。

 

間違いが少ないから

王道や正攻法というものは、近道ではありませんが間違うことや不安に感じることは少ないものです。

なぜなら、王道や正攻法は奇をてらったものではなく、地道に努力を重ねていくものだからです。

 

王道・正攻法の具体的な例として、孫子の「己を知り彼を知れば百戦危うからず」という言葉があります。

これは「自分と相手のおかれている状況を正確に知ることができれば、何度戦っても負けることがない」、という意味になります。

恋愛でも自分と相手の女性の心の動きを理解できれば、失敗の可能性を極限までへらすことができるのです。

 

あなたの狙っている女性が「今は彼氏はほしくないな」「真剣に結婚相手を見つけたい」と考えていることもあるのです。

ここで、相手の気持ちを理解することができれば、諦めずにその子へアプローチしていくか他の子を探すかどちらかの決断をすることができるのです。

自分と相手の状況を理解することで、負けない戦い方ができるんですね。

 

そして、恋愛での正攻法とは、モテる男になって女性を魅了することです。

好きな人を落とすことではなく、僕らが女性から選ばれる男になることを目指すべきなんですね。

 

あなたが「モテる男になる」ことを目指すことで、好きな子にフラれたこともデートのあとでlineを既読無視されたことも貴重な経験として生きてくるのです。

昔の失敗も、モテる男になるための一つの要素なのです。

 

もし、あなたが「あの子を落としたい!」と考えて、その子に毎日lineを送ったり他の女の子とは話をせずにその子だけにアプローチをしたらどうでしょう?

まあ、あなたの一番好きな子だけを狙ってしまうと行動も会話も重くなってしまうので、失敗してしまうのがオチです。

そして、他の子とも話をしていないので経験値も少ししか入らないんですね。

こんなことを繰り返していてはモテる男にもなれないし、好きな子を落とすこともできないのです。

 

「モテる男になる」と考えたのなら、好きな子がいても他の子にも話しかけたりデートに行ったりするほうが経験値が積めるということはわかるはずです。

そして、好きな子以外だけでなく他の女の子にもアプローチすることで余裕が生まれるんですね。

アクションを起こして、運が良ければ好きな子とも付き合えるし、うまくいかなくてもアプローチした女の子の数だけ経験値が手に入るのです。

 

モテる男になることを目指すことで確実にレベルも上がるし、精神的にも楽なのです。

正攻法や王道を意識して行動することで、間違えた方向へ進む可能性も少なくなるのです。

 

結果に惑わされなくなる

恋愛では正攻法のやり方を取り入れることで、結果に惑わされることが少なくなります。

王道や正攻法のやり方は時間はかかるものの、必ず手応えを感じることができます。

そして、結果の良し悪しにかかわらず自分を認めることができるのです。

「一生懸命やったんだし、いい経験ができた」と思うことができるのです。

 

たとえば、「会話ではオウム返しをすると話を聞いているということをアピールできる」というテクニックがあります。

僕はこれを会社で使ったのですが、すべてオウム返ししていたところ「お前の返しは全部オウム返しだな」とツッコまれました(笑)

まあ、すべてオウム返しは気持ち悪いですよね(苦笑)

 

テクニックはあくまで気づかれないように使うべきで、相手に気づかれるとプラスどころかマイナスになってしまうのです。

 

でも、こういう失敗だって「モテる男になる」という目標のためには必要なんですよね。

ものごとの結果からは「失敗か成功か」というものしか見えてこないものです。

ですが、そこまでの過程で得られた経験やノウハウが目標達成に役立つものであれば失敗でも受け入れることができますよね。

 

正攻法のやり方を取り入れることで、失敗や成功という結果にとらわれることがなくなるのです。

 

他の人が成功した方法だから

王道や正攻法のやり方は、他の人が成功したという実績があるんですね。

自分で考え出したやり方よりも、何人もの人が成功したやり方のほうがうまくいきやすいものです。

先人の知恵はうまく利用していくべきなのですね。

 

たとえば、高校の先生に「まず過去問を解いて、自分の知識が足りない部分から暗記しよう」と教わったとします。

この方法は受験勉強の王道なのですが、これを守らずに自分の好きな科目や覚えやすい科目から勉強してしまう人って多いんですね。

そして、先生の言いつけ通りに勉強した生徒は合格し、自己流の勉強をした生徒は不合格になっているのです。

 

僕もかなり不器用な人間だったので、いくら王道のやり方を教わっても「俺にはもっといい方法があるんじゃないか」と考えてしまうことがありました。

でも、近道を探す時間がもったいないし、その時間を全て王道のやり方につぎ込んだほうが結果はついてくるんですね。

 

王道や正攻法がベストなのは受験だけではなく、恋愛も人生にも当てはまるのです。

 

恋愛でどうもうまくいかないのであれば、今のやり方をリセットして王道と言われるやり方を取り入れてみるといいでしょう。

ブログよりも詳しい恋愛ノウハウは無料メルマガで配信しているので、まだの人は登録してみてください。

 

童貞の敵は不安ではなく「自分」

童貞が不安を感じてしまう原因と、童貞こそ正攻法のやり方を選ぶべき理由について述べてきました。

童貞が恋愛においては正攻法を選ぶべき理由について、もう一度まとめると、

  • 間違いや不安が少なくなるから
  • 結果に一喜一憂することがなくなるから
  • 他の人が成功したやり方だから

この3つでしたね。

 

王道や正攻法のやり方は地味で大変なものですが、粘り強く続ければ結果はついてくるものです。

しかし、正攻法のメソッドよりも楽で成功しやすい道というのも存在するかもしれません。

ただ、探す時間がもったいないですし、正攻法のやり方をマスターしたらそこからアレンジしていくというやり方だってあるのです。

 

なので、まずは王道・正攻法と呼ばれるやり方から取り入れてほしいと思います。

僕ら男にとっての王道とは「モテる男になること」なので、この目標に向かって外見を磨いたりデートしたりしていきましょう。

 

童貞だと不安を感じるものですが、王道・正攻法のやり方で努力を続ければ不安を感じることは少なくなるし、結果もついてくるのです。

「モテる男になり、女性を魅了すること」を目標に、粘り強く頑張っていきましょう。

 

では、今回は以上にします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!