童貞は会話ベタで当然。会話のポイントは「女性が主人公」

電話する女性たち

【この記事を書いた人】ヒト

コミュニケーションや恋愛の教材・コンサルへ150万円以上投資してきた経験を生かし30歳から逆転できる」恋愛ノウハウを発信中。

30歳まで童貞だった僕の体験談も公開してます。

ワークショップ開催実績15回。

2019年度は恋愛のオンラインサロン管理人を一年二ヶ月経験。

◾️詳しいプロフィール
◾️メールマガジン

童貞は会話が下手です。

童貞は女性と親密な関係になったことがないので恋愛トークも出来ないし、突っ込んだ話もできないので話をしていても面白くないのです。

 

でも逆に言えば、女性との会話スキルを磨くことで他の童貞よりも有利に戦うことができます。童貞を捨てられる可能性が大幅に上がるんですね。

女性との会話をマスターすることで、最終的には好きになった女性とも付き合う(落とす)ことだってできるのです。

 

以下、童貞で会話が苦手な男が、女の子との会話で最低限押さえておくべきことをお話しします。

 

童貞が会話下手なワケ

童貞が女の子とうまく会話できないのはなぜなのでしょうか。

童貞でも男同士なら普通に話せるものです。僕も高校とか大学とか、男友達とは普通に話ができていました。

でも、女性が相手となると意識しすぎて会話がぎこちなくなったり、「恋愛トークを振られるかも」と怖くなり女性を避けてしまうことが多かったです。今思い出しても恥ずかしい話です。

 

童貞が女性とうまく話せないのは、女性を意識しすぎているからです。

男友達と話すときと同じように女の子と話せばいいのに「やべえ、俺、女と話してる」みたいに変なことを考えるから、うまく話ができなくなってしまうのです。

他には、女性との会話経験が圧倒的に少ないというのも原因になります。

 

以下、童貞の男が話下手な理由について詳しく掘り下げていきますね。

 

女友達が少ないから

童貞はほぼ100%女友達がいません。童貞が「この子は女友達だ」と思っていても、相手はただの知り合いと思っていたりします。

お互いに恋愛相談ができるような女友達をたくさん作ることで、友達以上の「一線を越えた関係」というものも作りやすくなるものです。

 

童貞は女の子と仲良くなった経験が少ないので、必然的に同じようにモテない男達とつるむようになるのです。僕も経験があるのでわかるのですが、なんとなくモテなさそうな男ってぱっと見でわかるんですよね。

「俺と同じようにモテなさそうだな」って思うので、なんとなく話しかけたり話しかけられたりして仲良くなり、行動を共にするようになるのです。

そして「周りに自分と同じようにモテない男しかいない」という楽園が(地獄?)できあがります。

 

童貞は女友達がいないから、女の子と仲良くなった経験がないから変に緊張したり、ぎこちなくなってしまうのです。

女の子と会話できない→男とだけつるむ→女の子と話をすると緊張する→仲良くなれない→童貞のまま→女の子と会話できない→・・・

このような、「一生モテない男」のまま人生が終わってしまうのです(何もしなければ、ですが)。

 

「女友達いないし、男としか話をしない」というあなたは、まず女の子と話をする機会を増やすことから始めましょう。

あなたの会社や学校にも何人かは女性がいるはずです。掃除のおばさんや学校の先生とかでも構いません。とにかく女性と意識的に話をする機会を増やすのです。

「おはよう」「今日はいい天気だね」などの当たりさわりのないことでいいので話しかけてみてください。

相手の女性も同様に「おはよー」「そうだね、ちょっと暑いけど」などと返してくれるでしょう。

 

女の子との会話が苦手な人は本当にちょっとしたことでいいので、女性との接点を増やす努力をするべきです。

女の子の会話は「慣れ」が必要で、ある程度経験を積めばなんとなくうまく話ができるようになるものです。10代の女性は音楽の話が食いつきがあるとか、30代の女性は家庭とか結婚とかに興味があるとか、傾向もつかめてくるものです。

急に女の子とうまく話ができるようになるということはないので、ちょっとずつ女の子と接点を増やしていくしかないのです。

 

もし身近に女性がいないのであれば、出会いを増やすしかありません。今の時代は出会いなんて探せばいくらでもあります。

マッチングアプリではメッセージのやり取りだけで初対面の子とデートもできるぐらいです。

マッチングアプリに関してはこの記事を参考にしてください。

参考記事:一押しのマッチングアプリ8選&オススメの出会いテク!

 

個人的には、街コンなどは女友達を作るのに最適だと思います。

街コンに行くときは以下の記事を参考にしてください。

山で並んで座る男たち

街コンでモテる男は顔より中身!街コンには友達を連れていくべき理由

2018年5月4日

 

女の子が苦手な人は、女友達を作ることはすごくハードルが高いと思っているかもしれません。

ですが、言葉は悪いですが好みの子でなければ話をするときにそこまで緊張しないはずです。

女友達で女性慣れをして、好みの子と話をするときのイメージを作っておくのです。

 

それに、女友達もいたほうが人生も楽しくなります。

女の子と話すのが苦手なあなたは、男とばかり話をせずに身近な女性や出会いの場にいる女性と仲良くなることから始めましょう。

 

女性の顔を見てない

童貞会話が苦手な男は、女の子と会話をするときに相手の顔を見ていないことが多いです。恥ずかしい話、僕がこれでした。

相手の表情を見ながら、反応を伺いつつ話をしないために、見当はずれのことを言ってしまって空気を凍らせてしまうのです。

なので「空気読めないKY野郎」認定されてしまうのです。

 

僕も空気を読めないKY男だったのでわかるのですが、場の雰囲気を理解できない男は相手の表情を見ずに喋っているものです。相手がイヤな顔をしたらその話を止めて話題を変えるべきなのですが、相手の表情という判断材料がないためにずっとその話を続けてしまうのです。

空気の読めない男は、相手に背を向けて話をしているようなものなのです。

 

空気を読んでいない行動や発言は、相手の表情やリアクションをよく観察できていないために発生します。

会話というのは相手と自分がいて成り立つものですが、空気の読めない男は自分のことしか考えていないのです。「自分のことしか考えられない」といったほうが正しいですね。

 

解決策としては、相手の顔をよく見ながら、表情を確認しながら話をすることです。

 

相手をじっと見つめながら話す必要はありませんが、会話を進めつつ相手がどんな表情をしているかチェックしておくことが必要です。

  • 「恋愛話を振ったらなんとなくイヤな顔をしたな、何か悩みでもあるのかな?」
  • 「仕事の話をしているときはすごく生き生きとしているな、仕事が好きなんだな」
  • 「アニメの話を振ったらすごく嬉しそうに話すよな、どんなアニメが好きなんだろ」

というように、表情から相手の気持ちは予想できるのです。

 

口ではいくらでもウソはつけますが、表情やしぐさには本心があらわれるものです。

そして、人は自分の気持ちを汲みとって話をしてくれる人には良い印象を持つのです。

 

童貞で女の子が苦手なら、まずは普段の会話で相手の表情をチェックしながら話をすることを心がけてください。

 

自分のことを話さない

「会話が苦手なら聞き上手になろう」みたいなことが一般的に言われています。個人的にこの教えには半分賛成で半分反対です。

聞き上手になろうとして自分の話を全くしない人が出てしてしまうからです。ちなみに昔の僕です。

自分の話も少しだけ話しながら、相手の話を深堀してなるべく相手の話を引き出していくこと(相手を主人公にしてあげる)が会話の正解だと思ってます。

聞き上手になろうとして自分から全く話をしないと、すぐ会話が終わってしまい沈黙になってしまうんですよね。

 

たとえば、以下のような会話。

A
趣味は何ですか?
B
趣味ですか、たまにランニングをするくらいですね。
A
そうなんですね、毎週やっているのですか?
B
いや、そんなにですよ。
A
そうなんですね。

・・・(無言になり、会話が終わる)

ここまでひどいケースは少ないですが、「相手に話をさせるだけでいい」と考えてると沈黙の気まずい間がたくさん出てきてしまうのは当然です。

相手も自分だけがひたすら話をすることに気まずさを覚えるからです。会話はキャッチボールなのに、自分だけがひたすらボールを投げてるような感覚ですね。

別に会話中に沈黙が訪れるのが悪いということではないのですが、沈黙が続くと気まずく感じる人は多いのです。

会話で自分のことも話さないと、結果として相手に不快な思いをさせてしまう可能性があるのです。

 

解決策としては、相手に質問したときは自分の話も少しだけすることです。

自分の話ばかりするのはダメですが、相手に話を振った流れで自分の話もするのは別に変ではありません。

むしろこうやって会話をしている人が大半なのです。

おじいちゃんやおばあちゃんなどは例外で、ひたすら一方的に話をしてしまうものです(年齢的に衰えなどがあるので仕方ないと思ってます)。

 

相手の話を聞くことは大事なのですが、話を聞くことばかり考えて自分の話をしないと会話が途切れてしまいます。

なので、少しは自分の話も混ぜながら会話するほうがいいのです。

ただ、それでも「相手に話をさせてあげる」というスタンスは忘れないでおいたほうがいいですね。

 

聞き上手を目指すのもいいのですが、自分の話をすることも必要だということを覚えておくべきです。

 

自信がない

童貞だと自分に自信が持てないものです。そして、自信がないから女の子と話すことにも抵抗感を持ってしまいます。

「俺なんかが女の子と話しちゃダメだ」などと考えてしまうとうまく話せないのは当然ですよね。

 

悲しい話ですが、自信のない男は話も上手くできないですしモテないです。「なんかあの人自信ないよね」と陰でコソコソ言われて終わりです。

反対に、根拠のない自信を持った男は中身がどれだけ薄っぺらくてカスみたいなやつでも彼女がいたりします。

勉強もスポーツもできないけどソリコミを入れたキチガイみたいなヤンキーがモテるのと同じ現象ですね。

 

自信はないよりもあったほうが確実にモテます。これは事実です。なので、自分に自信がなくても自信があるように振る舞うことが人生においては大事なのです。

でも、せっかくなら体の中から湧き出てくるような本物の自信をつけたくありませんか?

 

もしあなたが童貞なら、童貞を卒業することが自信をつけるための最短ルートです。モテるために筋トレしたり外見を磨いたり、女性との出会いを増やしてデートを重ねたりしてセックスという結果をつかみ取るのです。

努力を重ねることで納得感を得られますし、今まで頑張ってきた自分を認めることができます。さらに努力を続けることで女性を口説き落としたりセックスしたり、彼女を作ったりと結果も手に入るのです。

 

自分に自信がないと女性との会話もうまくいかないので、努力を続けて本物の自信や結果を手に入れるべきです。

 

会話で必要なのは思いやり

感謝する女性

女性との会話で一番大切なのは、相手への思いやりです。「この子を大切にしたい、楽しんでもらいたい」というサービス精神が重要なのです。

相手の思いやりがないために自分の話ばかりしてしまうし、話をしていても無言の間ばかりできてしまうのです。

「女性を主人公とする会話」を作り上げていくことが重要です。

 

以下、僕たちが会話をするときに意識しておくべき点について述べていきます。

 

会話=キャッチボール

会話は相手とのキャッチボールです。キャッチボールは相手がいないと成り立ちません。

しかし、会話で言葉のキャッチボールができない人が最近は多いのです。実際に僕も会話は苦手でしたし「お前は会話のキャッチボールができない」と直接言われたこともあります。

でも、会話のキャッチボールと言われてもどういうことかわかりませんでした。

 

会話のキャッチボールとは、相手にわかりやすい言葉で気持ちを伝え合うことなんですね。

相手のわかる表現で伝え、また相手の発する言葉を理解すること。

そのやりとりが会話というものなのです。自分が話したいことをひたすら話すことは会話ではなくて、言葉の暴力なんですね。

 

こっちがたくさん喋ってしまうと、相手は言葉というボールを取れないかもしれません。

かといって言葉を投げ返さないとキャッチボールになりません。

なので、相手の気持ちをしっかり理解し、言葉をうまく選んで投げ返してあげることが会話において重要なのです。

 

自分の話したいことばかり話さずに、相手にもちゃんと話をさせてあげてあげることが会話においては重要なのです。

 

話すのは楽しい

人と話をするときに覚えておいてほしいのは「話すことは楽しい」ということです。声を出して自分のことをペラペラ喋ることはすごく気持ちがいいことなのです。

だから、会話では「相手の話を聞いてあげる」という女性ファーストの考え方が大事なんですね。

自分の話を聞いてくれる人には、無条件で好印象を持つものです。

僕はキャバクラが好きなのですが、キャバクラでも美人だけど自分の話ばかりする子より美人でなくても話を聞くのが上手な子のほうがお客様から好かれるものなのです。

ちなみにキャバクラは、レベルの高い女性と手っ取り早く話すことができるので会話のレベル上げとしてはおすすめです。

 

僕らが女性からモテるためには、会話においても「主人公を女性に譲ってあげる」ことが重要なのです。

僕らのくだらない仕事の自慢とかは置いといて、女の子の好きなこと、「料理」とか「音楽」とか「好きな本」とかそういう話をどんどん掘り下げていくべきなのです。

 

自分の話をするのは楽しいですし、ついつい自分のことばかり話してしまうものですが、「相手も話すのが好きである」ということを忘れないでください。

 

リアクションは大きく

話をするときは、リアクションを大きくすると相手の反応が良くなります。

ただ、めちゃくちゃ大きくリアクションを取る必要はなくて、少し大きめぐらいでちょうどいいです。「マジで!?」「すっげえ!」みたいなしょうもない感じで全然OKです。

注意点としては、会話中に一発芸を盛り込んだりオーバーすぎるツッコミを入れる必要はないということです。

「お笑い芸人になればモテる」というわけではないのです。

 

確かに、お笑い芸人はモテる人が多いのですが、普段の会話で芸人みたいなテンションで一発芸ばかりやるのは間違っています。お笑い芸人のようにオーバーリアクションでやたらテンションが高い人と一緒にいると疲れてしまうだけです。

女の子からも嫌われること間違いなしです。

 

「いつもより気持ちテンション高め」ぐらいで良いので、リアクションを少し大きめにして女性と会話することを心がけてください。

 

目を見て話せ

会話をするときは目を見て話すことを意識すべきです。目を見て話すのが苦手なあなたは、相手の顔の鼻の辺りや眉毛のあたりを見て話すのがいいでしょう。

あなたが人と話をしているときに、相手が横を向いていたりスマホを見ていると気分が悪いですよね?「この人なんなん?」「俺なんか変なこと言ったか?」と思うはずです。

 

僕ら男は、女性よりも相手の目を見て話すのが苦手だと言われています。僕が見てきたクライアントさんも、目を見て話すのが苦手な人は一定数いました。

ちなみに僕も人の目を見て話すのが苦手です。最近は意識して相手の目を見て話すようにしてるので、だいぶマシにはなりましたが。

 

「相手の目を見て話せ」と言われますが、人と話をしているときにずっと相手の目を見ていると変に思われてしまいます。無駄に威圧感を感じさせてしまうんですね。

僕のオススメは相手が話をしているときに目をぼんやりと見ることです。

相手の目を見ると内面を見透かされているようでストレスを感じるものですが、目ではなく目の当たりをぼんやり見るようにすればそこまで苦痛には感じないものです。

 

人は相手の目を見ることでその人の気持ちを理解しようとします。

しかし、相手が目をそらしてしまうと「何を考えているのかわからない人だ」と思ってしまうものです。

「自信のない人」と思われてしまうのも無理はありません。

 

会話では目を見て話すことを強く意識すべきです。

特に、女性と話をするときは目を見て話さないと完全な変人扱いされてしまうので、注意してください。

 

童貞でも話し上手になれる

童貞の話が下手な理由と、会話をするときに意識すべきポイントをお話ししてきました。

童貞で悩む男は女の子との会話が苦手なものですが、会話で意識すべきポイントを押さえておくことで日常会話ぐらいはできるようになるものです。

 

ちなみに、会話のスキルは努力でいくらでも伸びていくものです。

顔とか身長とか家庭環境とかは変えられませんが、女性を楽しませることのできる話術は磨くことができるのです。

 

なので、童貞でも諦めずにどんどん女の子に話しかけていくべきです。

女の子に話しかける回数が増えるごとに慣れていきますし、デートへの誘い方もうまくなっていくものです。

デートにも慣れてくると、童貞を卒業するのも時間の問題でしょう。

 

童貞を卒業したいあなたは、会話のスキルを磨くことから始めてみてくださいね。

 

では、今回は以上にします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!