童貞はLINE下手でOK。LINEが重要でない理由&既読スルー対処法

釣りをする子供

【この記事を書いた人】ヒト

コミュニケーションや恋愛の教材・コンサルへ150万円以上投資してきた経験を生かし30歳から逆転できる」恋愛ノウハウを発信中。

30歳まで童貞だった僕の体験談も公開してます。

ワークショップ開催実績15回。

2019年度は恋愛のオンラインサロン管理人を一年二ヶ月経験。

◾️詳しいプロフィール
◾️メールマガジン

童貞は女性慣れしていないので、LINEも下手です。

「返信来たからすぐ返さないと・・・」とすぐに返していると、相手のペースに飲まれてしまいます。

しかし、返信スピードを意図的に遅らせるのも一歩間違えばうざいだけです。

 

女性とのLINEにおいては、相手の感情を予想した上でメッセージ文章や返信スピードを考えて決めていくことが大事です。

以下、童貞のあなたが心掛けるべきLINEの送り方と、持っておくべき心構えを説明します。

 

童貞はLINEを重視すな

童貞のあなたはLINEを利用する上で「LINEでは仲良くなることはできない」ということを意識すべきです。

恋愛が苦手な男だとあるあるなのですが、好きな子とのLINEで好意丸出しのメッセージを送ったり、長文を送ってうざがられたりしてしまうものです。

 

僕も経験があるのですが、好きな子とメールやLINEするのってめちゃくちゃ緊張するしドキドキします。

でも、あなたがいくら興奮して心臓バクバクでも、相手女性は何とも思ってないことが多いです。「なんかあいつから連絡来たわ」ぐらいのノリです。

恋愛は大抵の場合、相手に対する想いに温度差があります。自分と相手女性との間に温度差があるからこそ、自分のパートナーにしたいと思うし恋愛は楽しいんですね。

 

恋愛では好意レベルを相手とすり合わせることが必要なのですが、童貞は相手の好意レベルまで意識できず、自滅してしまうのです。

以下、LINEで女性と仲良くなるのは難しい理由と、童貞がLINEで注意すべきポイントについてお話していきます。

 

LINEはただの連絡ツール

LINEはただの連絡手段の一つです。LINEのアプリの中では文字や画像のやり取りだけなので、女性と親密な関係になることはできません。

ただのメッセージやスタンプのやりとりだけで、相手を好きになるのは男だけです。

女性は男の表面的な部分だけではなく、しっかり内面までチェックするものです。

 

童貞だと仲良くなる方法がわからずに「接触回数を増やせば仲良くなれる」と単純接触効果を使って、旅先などのよくわからない画像を送ったりしてしまうのです。

しかし、あくまで会う回数を増やしてこそ仲良くなれるのです。

LINEで謎のメッセージや晩御飯の画像などをたくさん送っても、女性からするとうざいだけなのです。

 

男は顔を洗ってワックスをつければ外出できますが、女の子は最低でも化粧に10〜15分は必ず使っていますし(1時間化粧する女性もいます)、オシャレもしないといけないのでめちゃくちゃ忙しいです。

そんな忙しい女性に無駄なメッセージを送っていると「返すのめんどくさいし返信やめよ」と既読無視させてしまうことにつながるのです。

 

あくまでLINEはメッセージのやりとりなので、付き合う前の段階では業務連絡の手段として使うのがベターです。

童貞はLINEをやたら重要視しているのですが、そんな大したツールではありません。ただのメッセージアプリです。

 

LINEでは浅いコミュニケーションしかとれないので、実際に会って話をする時間を重要視するべきです。

 

スーパーなLINEテクが流行る理由

LINEはただのツールなのに、世間では「モテるLINEテクニック」「女を落とすマル秘LINE術」などが流行っています。

個人的には、SNSが発達して恋愛でも直接会ったり電話する必要性が薄れてしまっているからだと思います。

 

異性とのメッセージのやりとりがメールからLINEに代わってから、女の子に連絡先を聞くというハードルがめちゃくちゃ低くなったと感じます。

店員ナンパでも街コンでも、女の子にLINEを聞けばほとんどの子は教えてくれるものです。LINEにはブロック機能があるし、ニックネーム登録もできるので仕事や学校関係の人でなければ既読スルーして関係を終わらせることができるのです。

 

好きな女の子に既読スルーされたときなどは気が狂いそうになりますが、既読スルーされるということは自分に男としての魅力がなかったということなので、怪しげなLINEテクニックなどを使うのではなく別の女の子に目を向けていくことが重要です。

 

相手の立場で考えろ

童貞は自分勝手にLINEを送ってはいけません。相手の立場とか感情とかそういうものを考えずにLINEを送ってしまうのは、僕らがシコシコやるマスターベーションと同じです。

LINEはあくまで連絡手段、コミュニケーションツールです。相手の送信速度や返信内容などを考慮して、内容などを決めていくべきなのです。

 

会話と同じように、キャッチボールを意識してLINEをするといいでしょう。

キャッチボールは、相手の取りやすい所にほどよいスピードで投げるのがコツです。

 

会話もLINEも、相手が好む話題を出したり、聞き取りやすいスピード(分かりやすくて丁寧な文章)で話す工夫が必要なのです。

自分勝手なLINEを送ると相手は面倒くさく感じるし、既読無視したくなるものです。

相手の立場に立って相手の気持ちや距離感を意識しながら、メッセージのやり取りをする必要があるのです。

 

即レスしない

LINEはメッセージを開くと「既読」と相手に表示されてしまうのですぐに返信したくなるものです。でも、別にすぐ返信しなくて良いです。

女性は、あまり興味もない男から秒速でLINEの返信が来るとめんどくさく感じてしまうのです。僕らもLINEで「相手から返信が来たらすぐに返信しましょう」というように習っていないですし、即レスせずに20分〜30分あけて返信しても良いのです。

 

ちなみに、女性によっては男からすぐ返信があると「私に気があるな」と考える子もいます。

返信スピードが早いだけで「私のこと好きなんだな」と思われるのって何かうざいですよね。

別にLINEに即レスしても相手の気分が良くなるというものでもないので、LINEはそんなに早く返信しなくても良いです。

 

女性とのLINEでドキドキするな

女性とのLINEをしているときにドキドキしたら要注意です。「ドキドキしている=相手に気持ちを奪われている」という可能性が高いのです。

恋愛は対等の関係で付き合っていくことが理想ですが、自分ばかり相手に対する気持ちが盛り上がってしまい、相手が冷めてしまい破局してしまうケースは多いものです。

 

僕の例でいうと、好きな子をデートに誘ったときは以下のようなやり取りをしました。

僕「久しぶり〜!〇日空いてるけど飲みにでも行かない?」

女の子「◯日空いてるよ〜!〇〇(共通の友達)でも呼ぶ?」

僕「(やっベー、オッケー出たよ。でも友達呼ぶより二人がいいな)マジで!?ありがとう!でもBちゃんと二人で飲みたいな〜」

女の子「了解〜。予定あけとくね」

僕「楽しみにしてるわ〜」

 

まあ、典型的な気持ち悪いLINEのやり方ですね。

 

ダメな理由は以下の通りです。

  • デートの誘いに乗ってくれたことに感謝してる(感謝する理由なくね?)
  • 「友達も呼ぶ?」という女性からの駆け引きワードに「二人で飲みたい」と好意丸出しの返答
  • 女性に比べて自分が送るメッセージの文章が長すぎ

女性をデートに誘うときは「男はデートに誘うのは普通だし、女性も誘われるのが当たり前」と考えておくぐらいで丁度良いです。

女の子はマジで何十人もの男から男からアプローチされているので、どんな男からデートに誘われても初回デートぐらいはOKしてくれるものです。

 

僕は「デートに来てくれる=自分に気がある」と勘違いして、意味もなくドキドキしてLINEをしてしまったのです。

 

あと、「友達も呼ぼっか?」というセリフは相手を試すために使っているのです。「クソテスト」とも呼ばれますね。

「私のこと好きなのかな?」と思った時に使ってくるので、ここで「君と二人がいいんだよ」と返すと好意がバレバレになってしまいます。

あなたが好きな子にはなおさら好意を隠しておかないと、気持ち悪い会話や仕草をしてしまい付き合うどころか嫌われて終わってしまうのです。

 

LINEでのメッセージの長さですが、自分のメッセージが相手より多いとめんどくさく思われてしまう可能性が高いです。

自分が好意を寄せている男から長文のLINEが来ると嬉しいものですが、対して興味もない男から長文のLINEがたくさんくるとウザいだけです。

あなたの好きな子には、短文で業務連絡程度のメッセージで済ませるのがベストです。

 

女性とのLINEで気持ちが高ぶっているように感じたら、一旦深呼吸したり信頼できる人に相談したりして気持ちを落ち着けてください。

でないと自分を下げるやり取りをして、女性から距離を置かれるだけです。

 

LINEより会って話せ

女の子とLINEを50回往復するよりも、実際に会って10分話をするほうが関係性は深くなるものです。メッセージだけのやり取りよりも、実際に会って話をして時間を共有するほうが相手のことをより深く知ることができるのです。

メラビアンの法則でもありますが、言葉の内容よりも見た目や顔の表情、声のトーンなどの情報のほうがはるかに大きいものです。

参考記事:男は見た目が9割は本当!童貞卒業には清潔感が絶対必要なワケ

 

あなたがマッチングアプリをやったことがあるならわかると思うのですが、マッチングしてメッセージをやり取りするだけではその人のことって全然わからないですよね。

実際に会うと、顔写真と実際の顔が全く違うこともあります。女の子は角度とかライトの当て方で綺麗に見える方法を知っているので、奇跡のの一枚だけをマッチングアプリに登録しているのです。

メッセージだけではなくて実際に会って話をすること、オンラインだけではなくてオフラインでのコミュニケーションが恋愛には必要不可欠なのです。

 

LINEでいくらやり取りしても、次に会ったときの話題が少し増えるぐらいであなたの印象が良くなることはありません。プラスマイナスゼロです。

LINEは業務連絡やデートの待ち合わせ場所などの連絡手段だと考えておくべきです。

 

童貞がLINEで既読無視されたら

頭をかかえる男

LINEで既読無視をされたら、前後のメッセージのやり取りや直前のデートで何か問題があったはずです。

女性は興味のある男なら既読無視なんてしないものです。

既読無視は「あなたは恋愛対象外です」と言われるのとほぼ同じなので、そこから覆すのはかなり厳しいです。

 

以下、LINEで既読無視されたときの対処法をお伝えしますが、この魔法(ザオラルLINEとも呼びますね)が効かないケースも存在します。

LINEを既読無視される時点で女性からの好意が低いと言えるので、無理に引きづらずに他の女性に目を向けることも必要だと思います。

 

既読無視の対処法①
一週間後に追撃LINEを送る

女性から既読無視されたら、一週間後にもう一度LINEを送ってみます。ごく稀にLINEを返し忘れてしまう子もいるので、返信が来る可能性があります。

ここで返信がなかったら一月後あたりに再度メッセージを送ってもいいですが、僕の経験では一月後に送っても返信してくれる子はまずいません。

 

追撃のLINEを送って返信がなければ、他の女の子との出会いを探す為にナンパをしたり、マッチングアプリや街コン・婚活パーティーなどに参加しましょう。

 

既読無視の対処法②
ウケる画像を送る

面白い画像を唐突に送る方法です。これも同じように既読無視される可能性がありますが、女性からするとしつこいメッセージより変な画像が送信されるほうが面白いものです。

ウケる画像を女性に送るだけなら「うぜえ」と思われるリスクは減るので、しつこくないやり方ですね。

 

既読無視の対処法③
送信先を間違えたようなLINEを送る

わざと他の人に送るべき内容のメッセージを既読無視された子に送る手法です。これも面白い画像を送るのと同じく、無視されたとしても落ち込む可能性が減ります。

女性には「送信先間違えたLINEが来たよ」と思われるだけです。

送信先を間違えたふりをして、面白い画像をポンと送ってみるのもザオラルLINEとしては有効です。

 

童貞はLINEを重要視するな

童貞がLINEを使う場合に意識すべきポイントは以下の通りです。

  • 童貞はLINEで無駄なことをしてしまいがちなので、女性のペースに合わせるべし
  • 基本的にLINEは業務連絡やデートの待ち合わせ場所などの確認に使うべし
  • LINEでは仲良くなりにくいので、直接会って話す時間を増やすべし

 

童貞は女性経験がないので、LINEでも女性の立場で考えることは難しいものです。

LINEで迷ったときは「女性に合わせる」「基本は業務連絡のみ」と考えればそこまで減点されることはありません。

世の中にはLINEテクニックというものがたくさん出回っていますが、そんなものより身だしなみや会話などを学ぶほうがよっぽど重要なのです。

 

では、今回は以上にします。

最後まで読んでいただきありがとうございました!