【彼女欲しいのにできない】原因は自分+勉強不足

話し合う男女

【この記事を書いた人】ヒト

コミュニケーションや恋愛の教材・コンサルへ150万円以上投資してきた経験を生かし30歳から逆転できる」恋愛ノウハウを発信中。

30歳まで童貞だった僕の体験談も公開してます。

ワークショップ開催実績15回。

2019年度は恋愛のオンラインサロン管理人を一年二ヶ月経験。

◾️詳しいプロフィール
◾️メールマガジン

彼女が欲しいのにできないと「俺は人として終わってるんじゃないか」と思ってしまいますよね。

あなたが120%の力を振りしぼって出会いを増やし、デートをしていけば確実にレベルアップしていきます。

ただ、せっかく好きな子とデートに行ってもうまく会話すらできず「ただの友達」扱いされてしまう男が本当に多いです。昔の僕がこれでした。

女性のことを知ることも大事ですし、自分のこともしっかり理解しておくべきなのです。

 

童貞で何十年も彼女のいないアナタは、ターゲット女性の趣味や好きな食べ物&自分の長所と短所は調べておいてください。

自分や敵(狙っている女性)のことを知らないと勝てる戦いも勝てなくなります。

 

以下、彼女が欲しいのにできない原因と、彼女が欲しい男がやるべきことを3つお話しします。

恋愛は自分と相手との価値観のすり合わせが必要です。

「俺についてこい」タイプもモテますが、自分のことを知っておかないと強みをアピールすることはできないのです。

 

彼女が欲しいのにできない理由

彼女が欲しいのにできないまま、童貞のまま年老いていく男が増えています。

「彼女が欲しいのにできない」と言っている男の大半は行動量が足りていません。

  • 仕事がしんどいから
  • お金がないから
  • 疲れが取れないから

彼女のいない男はこのような理由をつけて、出会いの場に行ったり女性をデートに誘うことから逃げていたりします。

 

本気で彼女が欲しいなら、今の生活を続けていても彼女はできません。

望む未来を手に入れるのなら、日々の生活から変えていかなければいけません。

努力の延長線上にしか結果は待っていないのです。

 

以下、童貞で彼女が欲しいのにできない男の特徴を述べていきます。

 

好きな子だけアプローチする

童貞で彼女が欲しいのにできない男は、自分の好みの子だけアプローチする傾向があります。

童貞A
好きになった子じゃないと付き合えない!
このように思っているんですね。

 

高い理想を持つことはいいことです。

しかし、あなたが童貞で30歳を超えているのなら好みじゃない子にもアプローチしていくことをオススメします。

言い方は悪いですが、どうでもいい女性でレベル上げをしたほうが好みの子を口説くときに緊張せずに済むのです。

それに、たいして興味のない子でも、付き合っていくうちに好きになることもあるのです。

 

好きな子にだけ連絡先を聞いて、デートに誘っていると失敗したときに落ち込んでしまうものです。

自分好みの子に「もう会いたくない」と言われたり、lineを既読スルーされるとヘコむのは当たり前です。

そして、好きな子から拒絶されることが続くと、「やっぱり俺に恋愛は向いてないんじゃないか」などと考えてしまうんですね。

こうやって、モテない男はモテないままの人生を歩んでいくのです。

 

あなたが童貞から抜け出して、好みの子をゲットしたいならいろんな子と遊びましょう。

女の子は「チャラい男は嫌い」と口では言いますが、女性慣れしている男のほうが女性から選ばれるのです。

納得できないかもしれませんが、雰囲気や見た目はチャラい感じで演出しておくとモテやすいです。

 

童貞が好きな子だけアプローチしていると失敗しやすいものです。

あなたが童貞なら、好きな子を狙うのと同時に複数の女の子と遊びに行くべきなのです。

 

行動しない

彼女が欲しいのにできないのは、行動量が足りていないからです。

童貞から脱出できない男はチャレンジ精神を持っていないのです。

 

童貞の男は、

  • 挑戦する気持ち
  • フットワークの軽さ
  • 男らしさ

などが欠けていることが多く、女性に対して積極的に行動することができません。

勇気をふりしぼって好きな子をデートに誘っても、デートが盛り上がらなかったりそもそもデートを断られたりしてしまうのです。

そして、「女なんていらない」と恋愛から逃げてしまうのです。

 

失敗が怖いのは、量をこなしていないからです。

知り合った女の子全員の連絡先を聞いたり、片っ端から知っている子をデートに誘っていれば失敗しても気にならなくなります。

工場でのライン作業のように、何も考えずこなすだけになるんですね。

 

でも、会社での仕事のように何も考えずにこなしていくことで、感情的になることもないし会話やリードの仕方も上達していくんですね。

会社でも、毎日10時間近く同じ仕事をすれば人並みに仕事はできるようになるものです。

 

彼女が欲しいなら、ひたすら行動量を増やすことで失敗したときに落ち込むこともなくなり、うまくいく可能性が上がるのです。

 

目的を決めていない

あなたが童貞で、彼女が欲しいのにできないのなら目的が定まっていないのだと思います。

「彼女が欲しいor童貞を卒業したい」のどちらを優先するかで、戦い方も変わってくるのです。

 

あなたが童貞なら、童貞を卒業することを目的にしたほうが時間はかからないでしょう。

なぜなら、童貞を卒業するだけなら相手を選ぶ必要がないからです。

まあ、生理的に受け付けないような子は外してもらってもいいですが、童貞をもらってくれる子なら誰でもいいと思います。

「初めての子は記憶に残る」と言われていますが、そんなこと気にしている場合じゃありません。

 

恋愛は突き詰めれば「勝ちか負けか」という勝負の世界です。

勝負をするときは、まずは目的を決めないと望む結果は手に入りません。

 

恋愛で勝ちたいなら、まずはどういうふうに勝ちたいかを考えるべきです。

「童貞を卒業すること=勝ち」とするならば、どんな形で童貞を卒業するかを考えましょう。

例えば、「3回目のデートでホテルに連れ込む」というのでもいいでしょう。

 

そして、目的を決めた後はその目的を達成したときの自分をイメージするのです。

この例では、「3回目のデートでホテルに行き、女性とセックスしている自分」を思い浮かべるのです。

潜在意識の中に自分が成功している姿をすり込むことで、目標も達成されやすくなるのです。

 

恋愛という勝負の世界で戦うなら、目的を決めることと目的を達成した姿を思い浮かべることが必要なのです。

 

彼女欲しいけどできない男がやるべき3Step

探偵のシルエット

彼女が欲しいあなたは、自分のことを知らないといけません。

自分のことを知らないと、女性に対して上手なアプローチができないからです。

 

恋愛という勝負は、自分と相手の女性との戦いです。

自分という商品をいかに女性に高く売りつけるかが問われているのです。

 

恋愛はマーケティングと同じです。

僕ら男に求められているのは、「女性が価値を感じるものを提供すること」なのです。

賞味期限切れのコンビニ弁当より、高級なフランス料理のほうが誰だって好きなはず。

女性を口説き落とすには、女性が付き合いたいと思うような男にならないといけないのです。

 

以下、彼女が欲しい男がやるべき3Stepについて述べていきます。

 

1.自分のレベルを知る

彼女が欲しいなら、まずは自分のレベルを知ることから始めましょう。

自分のレベルを知らないと、好みの女性を落とすためにどのくらい頑張る必要があるのかわかりません。

 

自分のことを知らないまま女性にアプローチするのは、暗闇の中を全力で走るのと同じようなものです。

自分のレベルを知らずに女性を口説こうとしても、「自分の顔を見てからデートに誘えよ」「ダサい服を着て口説いてくるんじゃねえよ」と思われるだけです。

 

彼女が欲しいのなら、まずは自分のレベルを知ることです。

自分のレベルがわかったら、次は自分の長所と短所を調べるのです。

短所は直すべきだし、長所はうまく女性にアピールできるように考えましょう。

自分は客観的に把握するためには、人に自分への印象を率直に言ってもらうのがオススメですね。

 

自分の強みと弱みが分かれば、隠す部分と見せる部分もわかってくるはずです。

弱みは見せる必要はないし、強みはさりげない程度なら見せてもいいでしょう。

 

注意点としては、自分のいいところをあからさまにアピールしないことです。

  • 「会社で役員をやっている」
  • 「貯金が1,000万円ある」
  • 「学生時代テニスで全国大会に行った」

このようなことを言っても、「この人は自慢したいんだな」としか思われないからです。

 

隠す必要はないのですが、自慢するかのように語るのはやめておくべきです。

本当にすごい人は、自慢話なんてしないからです。

「自信はにじみ出てくるもの」と言いますし、背中で語るぐらいがちょうどいいと思っています。

 

彼女が欲しいなら自分を知る必要があります。

また、自分の強みと弱みもうまく相手に見せたり隠したりしなければいけないのです。

 

2.ターゲット女性を調べる

彼女が欲しいのなら、女性のことを知らなければいけません。

具体的には、狙っている女性のことを調べましょう。

 

狙っている女性の趣味や特技、休日に何をしているかなどを本人や周りの友人に聞いてください。

「ストーカーかよ」と思うかもしれませんが、狙っている女性のことを調べないと攻め方はわかりません。

せっかく彼女をつくるのなら、少しでもあなた好みの彼女をつくるべきです。

なので、狙っている女性のことは徹底的に調べてからアプローチしていくべきなのです。

 

それに、狙っている女性にいろいろと質問をしていくだけでも仲良くなれたりするのです。

場合によっては自然な流れでデートの約束ができるかもしれません。

成功のステップの絵

童貞の初デートは死んで納得。童貞が初デートですべきこと

2018年8月8日
デートでの心構えとしてはこの記事が参考になります。

 

狙っている女性の趣味や休日の過ごし方がわかったら、実際にやってみるといいでしょう。

たとえば、女性の趣味が映画鑑賞なら映画を観にいったり、休日に部屋の掃除をしているならあなたも部屋の掃除をしてみましょう。

こうすれば、女性の気持ちもわかってくるし次に会った時に話もできるのです。

 

彼女が欲しいのなら狙っている女性について調べましょう。

そして、その子に合ったアプローチの仕方をしていくべきなのです。

 

3.短期集中で恋愛に取り組む

自分と狙っている女性のことを調べたら、あとは集中して恋愛に取り組みましょう。

具体的には、「90日」のスパンで取り組むのがオススメです。

 

なぜ90日の期間かというと、新しいスキルを身につけるのにはだいたい90日はかかるものだからです。

それに、女性との出会いは運の要素もあります。

好みの子に出会えないと、口説き方を学んでもルックスを磨いても意味がないのです。

 

でも、たった90日だけ集中して出会いの場に行ったり、デートしたりすれば彼女ができると考えれば投資する価値はありますよね。

もちろんうまくいかない可能性もありますが、失敗したときのことは90日間頑張ってから考えましょう。

始める前にウダウダいうのではなく、とりあえずやってみるという心構えが大切なのです。

 

それに、90日間死にもの狂いで女性にアプローチし続けることで、モテる男になるための経験値がどんどんたまっていきます。

たとえ90日で彼女ができなかったとしても、走るのを諦めなければいずれは彼女もできるでしょう。

 

彼女が欲しいのなら、90日は集中して恋愛に打ち込んでみてください。

 

彼女が欲しいけどできない童貞は自己分析しよう

彼女が欲しいのにできない童貞男の特徴と、彼女が欲しい男がやるべき3Stepについてお話ししてきました。

彼女が欲しい男がやるべき3Stepについて、もう一度まとめると、

  • 自分のことを知る
  • ターゲットの女性を調べる
  • 短期集中で恋愛に取り組む

この3Stepでしたね。

 

勝ち負けの決まる勝負では、自分と敵(相手)をよく調べることが重要です。

自分と敵の状況を調べたうえで、より勝てる可能性の高い戦略で戦うことが王道なのです。

自分の気持ちをぶちまけるだけのマスターベーションではなく、勝つ為の戦いをするべきなのです。

 

恋愛においては、短期集中で取り組むほうが結果は出やすいものです。

デートで盛り上がった話題は、別の女性にも使い回しができるのです。

効率的に彼女を作るなら、とりあえず90日スパンで恋愛に打ち込むのがオススメです。

 

彼女が欲しいのにできない童貞の男は、好きな子にだけアプローチしたり目的を決めずにデートをしたりしているものです。

行き当たりばったりのやり方では、女性をうまく口説くことはできません。

あなたが童貞で彼女が欲しいのなら、まずは自分のことと女性のことを調べることから始めてください。

遠回りに見えて、これが一番の近道なのです。

 

では、今回は以上にします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!