婚活パーティー体験談!30歳男が40回参加して分かった現実

パーティーの写真

【この記事を書いた人】ヒト

コミュニケーションや恋愛の教材・コンサルへ150万円以上投資してきた経験を生かし30歳から逆転できる」恋愛ノウハウを発信中。

30歳まで童貞だった僕の体験談も公開してます。

ワークショップ開催実績15回。

2019年度は恋愛のオンラインサロン管理人を一年二ヶ月経験。

◾️詳しいプロフィール
◾️メールマガジン

僕が初めて行った出会いの場は婚活パーティーです。婚活パーティーには40回ほど参加しましたが、8割方女性とカップリングできず一人で虚しくとぼとぼと帰っていました。

ただ、さすがに40回も参加すれば「どんな男が求められているか」「どんな話をすればいいのか」なんとなく分かってくるものです。

恋愛だけではありませんが、やってみないとわからないことは確実に存在するので、あなたが婚活パーティーに興味を持ったなら一度チャレンジしてみてください。

 

以下、婚活パーティーに参加しまくって感じたことや気づいたことをシェアしたいと思います。

 

婚活パーティーの流れ

婚活パーティーの基本的な流れは以下の通りです。

  1. 申し込みする
  2. 会場へ行く
  3. 席に着く
  4. プロフィールカードを記入する
  5. パーティースタート
  6. 隣の女の子と数分間話をする
  7. 回転寿司のように男性が席を移動し次の女性と話す
  8. 好みの子を番号で選択
  9. 相手と自分が指名し合うことでカップル成立
  10. 2人だけで会って連絡先交換(その後デートも可)

シンプルでわかりやすいですよね。今となっては、婚活パーティーは無駄がなさすぎて逆に怖く感じます。

数分間話をしただけで「付き合いたいかどうか」を判断されるので、男も女も第一印象しか見ていないのです

見た目がよくて営業や公務員などのウケの良い仕事をしている男はモテますが、ぱっとしない男はまず選ばれません。

 

個人的に婚活パーティーは、相対評価ではなくて絶対評価の世界と思っています。

女の子の場合は無料か1000円ほどで婚活パーティーに参加できるので、誰もいい男がいなければそのまま帰るだけです。女の子はほとんどお金を払っていない分、適当に気楽に参加できるんです。

おそらく男女問わず一度婚活パーティーに参加したことがある人は、婚活パーティーに対して不安を覚えているはずです。「顔と職業と年齢しか見るとこねえじゃん」と思っているはずです。

 

一回のパーティーは90分ほどで、短時間で良い男であることをアピールした男だけが勝ち抜いていくのです。

以下、婚活パーティーの流れを順番に説明していきます。

 

1.申し込み

インターネットあるいは電話で申し込みしましょう。

色々な婚活パーティーに参加してきましたが、ネット予約の方が割引されるところが多かったです。ネット予約の方が人件費がかからないからですね。

普通にスマホあるいはパソコンから予約すればいいと思います。

ホワイトキーシャンクレールエクシオWEB予約で少し安くなりますとなります。

 

僕がよく行くのはシャンクレール・エクシオですね。

最初に行ったのが梅田のシャンクレール(半個室型・フリータイムなし)でした。

 

婚活パーティーはフリータイム付きのものもあれば、個室型でフリータイムなしのものもあります。

どちらも女性と二人きりでトークタイム(一人当たり3〜5分ほど)をして、時間が来るたびに男性が時計回りで席を移動していく形です。

 

ちなみにフリータイムはカワイイ女の子に男が群がるので、かなり殺伐とした雰囲気になります。まさに殺し合い、サバイバルゲーム、未来日記状態です。

うまくいけば好みの子と長く話せますが、イス取りゲームのようなものなので失敗すると一人ぼっちになります(体験談)。

婚活パーティーに行ったことがないあなたは個室型のほうをオススメします。

 

2.会場へ

会場には少し早めに行きましょう。なぜなら、プロフィールカードの記入があるからです。

慣れていないと、プロフィールカードを埋めるのにも時間がかかってしまうのです。

 

あと、ボールペンは会場内で用意してくれませんので持参しましょう。

ボールペンを持っていないと会場で購入させられることになります。うざいです。

だいたい一本100円で販売されますが、バックにボールペンを忍ばせておけば済む話です。

 

開始20分前ぐらいには会場に着くようにしておけば、筆記具を忘れたり飲み物がほしくなっても買いに行く余裕が生まれるのです。

 

3.料金支払い+着席

現金支払いで申し込みした場合は受付で料金を支払います。ここで免許証などの身分証明書の提示も求められます。

受付が終わるとプロフィールカードと名札を渡されて、席まで案内されます。完全にVIP待遇です。

スタッフは何もしてくれないので(当たり前ですね)、本番ではあなたが女性に積極的にアピールするしかないです。

 

席についたらプロフィールカードを記入しましょう。

プロフィールカード

上記のプロフィールカードはEXEOのものですが、こんな感じで適当に埋めれば大丈夫です。

プロフィールは話が盛り上がりそうなことを書いておけば女性から突っ込んでくれます。

「絵を書く」「趣味:釣り」などと書くとツッコミが入ると思います。旅行の話などは女性も大好きなので、エビソードを作り込んでおくと話も盛り上がります。

 

4.パーティー開始

プロフィールを埋め、開始時間になると隣の女性と会話スタートになります。改めて「こんにちは」とあいさつをしておきましょう。

常連の女性でも最初は緊張するものです。最初にあいさつをしてくれる男性は余裕があるように見えるのです。

たとえタイプの女性ではなくても、最初の挨拶はきちんとしておきましょう。基本的にパーティーなどの出会いの場では参加者全員と仲良くしておくべきです。

「合コンではブサ系の子をヨイショしろ」と昔から言われていますが、誰とでも当たり障りなく仲良くなれる男は男女問わず好かれるものです。

 

最初は隣の女性とお話をするので、挨拶をしたときに雰囲気をよく見ておけば話のタネにもなります。

 

5.席移動

婚活パーティーは席移動が続きます。

トークタイムが終わったら「ありがとうございました」とお話しした女性に言い、相手の印象と番号をメモしつつ移動しましょう。

この席移動ですが、婚活パーティーは女性より男性の人数を多めに設定されているので、相手女性がいない「休憩タイム」になることがよくあります。

僕がこの前参加した京都の婚活パーティーでは休憩タイムが6回ありました。どうやら大阪よりも京都のほうが参加者も集まりにくいみたいです。

地方の婚活パーティーや雨の場合は女性が異常に少ないケースがあるので、なるべく都会で開かれるパーティーで天候も良い日を選ぶべきです。

 

あと、婚活パーティーでは席移動しつついろんな女性と話をしていくのですが、相手の番号と印象をメモしておかないと特徴を忘れてしまいます。

「あれ、32番さんってどんな子だっけ」「話が盛り上がったあの看護師の子って何番だったかな」などと希望の女性を決めるときに後悔します。

「茶髪の美容師」「身長低め」などとざっくりした特徴でいいので、メモを取っておきましょう。

 

6.好印象カード・カップル希望カード提出

カップル希望を出す前に、印象がよかった女性に「好印象カード」というものを渡すシステムがあります。

これは女性に「あなたに興味があります!」と知らせるためのもので、渡せる数だけ渡しておくべきです。

ちなみに他の男性も好印象カードは渡しまくっています。僕らも印象の良かった女の子にアピールしまくったほうがマッチングしやすくなるのです。

 

もちろん、女性から好印象カードを受け取る場合もあります。

この場合、カードをくれた女性をカップル希望カードに書けば高確率でマッチングできます。

 

7.カップル発表

カップル発表は番号で行われます。このカップル発表で僕らと相手女性との希望がマッチすれば連絡先の交換ができるのです。

ただ、いくら話が盛り上がっても最後にマッチングしないと一人で帰るだけです。同じように誰ともマッチングしなかった男達と同じエレベーターに乗って帰るだけです。

 

ちなみに、カワイイ子でもカップルになりたいと思う男性がいない場合は白紙で出すことが多いです。

この理由としては、参加料金が男性よりも女性のほうが圧倒的に安いからだと思っています。「いい男誰もいなかったし、カップリングしなくていいや。どうせタダだし」と考えてるんだと思います。

なので、カップル発表でマッチングしなかったからといってそこまで落ち込む必要はありません。

会話力や身だしなみなど、改善すべき点はあるはずですが、婚活パーティーは運の要素も大きいのです。

 

以上が婚活パーティーの流れです。

 

婚活パーティー体験した感想

叫ぶ男

僕が婚活パーティーに40回近く参加して思ったことは、「参加しやすいが後に続きにくい」ということです。

婚活パーティーは女性の参加代金が安いので、女性はマッチングした相手を気に入らなくなれば「またパーティーで探せばいいや」とあっさり切り捨ててしまうのです。

 

一回の参加で1000円を使ったとしても、「1000円なら何度でも参加できるしいい男だけ狙おう」と考えてしまうのです。

街コンで会った女性は「ああいう場所行くとすぐ男乗り換えれるよね」と生々しい話をしていました(この子はあんま可愛い子ではないです)。

以下、僕が婚活パーティーに対して思うことを述べていきます。

 

マッチングしない

「あの子と会話盛り上がったし、番号書いたらマッチングするだろ」と思っても、結果発表を聞くと他の男とマッチングしていた・・・、ということはよくあります。

自分が良いと思う子は他の男も狙っているのです。それに、僕らが楽しく話せたと思っても、女の子側は大して楽しめてなかったというケースも多々あるのです。

 

ほとんどの女性は「この人とデートしてみたい」と思った男しかカップル希望を出さないものです。そのパーティーで一番モテる男で、なおかつ好みの女性から評価を得ないとマッチングできないんですね。

僕らは会場内で一番いいと思った子を選びますが、女性は会場に自分の好みの男性がいなければ誰も選ばないのです。

参加料金の格差があるので、男女間の考え方にも違いが出てしまうのですね。

 

それに、婚活パーティーは一回につき90分で開催されることが多いのですが、その後のパーティーで女性が少ない場合は直前のパーティーに参加した女性に無料で参加してもらっていることもあります。2連続でパーティーに参加している女性もいるのです。

婚活パーティーは男の参加人数を増やすことで利益を出しているので、エサとなる女性は多ければ多いほどいいのです。

 

ちなみに、そこそこカワイイ女性はいろんな男からカップル希望を出されているものです

友人が言っていたのですが、「好印象カードのコンプリート(全男性から好印象カードをもらうこと)を狙ってる」というやばい子もいたそうです。頭いってますね。

 

僕のやり方が悪かったのかもしれませんが、婚活パーティーはマッチングしにくいというのが僕の考えです。

 

後に続かない

婚活パーティーはマッチングしても後に続きにくいものです。女性は参加料が安いので「またパーティーに行けば他の男に出会えるだろう」と考えてしまうんですね。

婚活パーティーに限らないのですが、女性も参加料金が安すぎると適当に参加してしまうのです。暇つぶし感覚で参加する女の子もいるんですね。

それに、婚活パーティーで出会った男の連絡を切っても、会社やサークルと違って後で人間関係がめんどくさくなることはありません。

気軽に出会えるのはメリットですが、その分簡単に縁を切られてしまうのです。

 

婚活パーティーで出会って上手くいっている友人もいるのですが、僕は婚活パーティーが合わなかったのかマッチングしても長続きはしませんでした。

 

参加費高い

婚活パーティーは飲み物も出ないものが多いのですが、男性の参加費は4000〜5000円と高めです。

女性は参加費を下げないと来てくれないので(プライドがあるんでしょうかね)、男性側の参加代金を高くしないと元が取れないのです。

 

ただ、パーティーという形式なのでカワイイ子が多いです。ブスだと肩身が狭くなるからだと思います。

なので、「カワイイ子をゲットしよう!」と思って参加しまくる男が多いのだと思います。顔重視で女の子を選ぶあなたは婚活パーティー向きですね。

 

ただ、街コンやマッチングアプリでもカワイイ子はいるので、ぼったくりのようなお金を払ってまで婚活パーティーに参加する必要はないと思います。人生経験程度に考えるぐらいがちょうどいいですね。

 

友達できない

婚活パーティーは女性としか話せないし、マッチングしないと女の子と連絡先も交換できません。なので、何回行っても友達ができないんですよね。

彼女が欲しいのなら、男友達もいたほうが絶対いいです。恋愛相談できるし、一緒に飲みに行って気晴らしすることもできます。

一緒に合コンを開くこともできるのです。

 

せっかく出会いの場に行くのなら、何か後に残るように考えるべきです。婚活パーティーはシンプルで参加しやすい分「ただ1時間ほど女の子と話をして終了」ということになりかねません。

友達を作るという感覚を持っていないと、時間とお金、体力を無駄にしてしまうだけなのです。

 

婚活パーティーは友達を作りにくいので、個人的には好きではないです。

 

サクラは皆無

僕が婚活パーティーでは、サクラは一度も見たことがありません。

今の時代はSNSがめちゃくちゃ流行っているので、サクラで女性の人数を増やしたことがバレると主催した会社はボロカスに叩かれるでしょう。下手をすると倒産です。

運営側は、女性が集まらないときは直前のパーティーに来ていた女性に参加してもらったり、最悪の場合パーティーを中止します。

僕も雨の日にパーティーを申し込んだとき、「女性の参加人数が集まりませんでした」と中止の電話が来たことがあります(参加料金は次回のパーティーに利用できました)。

 

あとはパーティーに申し込んだ後に「人数調整のため、数時間後のパーティーに振り替えしていただけませんか」と電話で言われたこともあります。

婚活パーティーではサクラを使ってバレると風評被害がやばいので、今後もサクラが使われることはないと思います。

 

婚活パーティーで見られるのは外面だけ

婚活パーティーで男に求められるものを述べていきます。

結論から言うと、男は「外見・職業・会話力」の三つで判断されてしまいます。数分しか相手を見る時間がないので、その人の内面まで知ることができないのです

僕らも女性を見るときは顔(体型なども)を最初に見てしまうのですが、婚活パーティーで女性が最初に見るのは見た目と仕事内容なんですね。

男性参加者も女性参加者も同じように、お互いを外面だけで判断してしまうのです。

 

なので、婚活パーティーでは金持ちでイケメンで話が面白いヤツがモテます。背が高くて顔が良くて細マッチョで、年齢が若くて話をしてて面白いあなたは無双できるでしょう。

婚活パーティーという戦場で戦うためには、見た目と会話力を磨きつつ仕事も頑張らないといけないのです。

 

以下、婚活パーティーで女性にうまくアピールする方法を考えたので参考にしてください。

 

清潔感出す

いろんなところで言われていますが、女性から見て清潔感のある男はどこに行ってもモテます。不潔な男とキスしたりセックスしたくないからですね。

参考記事:男は見た目が9割は本当!童貞卒業には清潔感が絶対必要なワケ

 

婚活パーティーでウケるファッションとしては、単色のシンプルなコーデかスーツがオススメです。

色を使いすぎると汚くなるので、清潔感を出すためにはシンプルであまり色を使いすぎないコーデがいいのです。

 

シンプルな服がわからないのであれば、パーティー用のオーダーメイドスーツを購入するのもアリです。サイズの合うオーダーメイドスーツを着ていけば、それだけで女性の目を引くことができます。

 

職業を盛る

仕事はすぐに変えることはできないと思いますが、仕事内容の伝え方は変えることができます。付き合ってから仕事を頑張れば大丈夫なので、仕事内容や年収は少し盛ってもOKです。

女性も化粧していますし、整形手術を受けている可能性だってあります。

僕らもありのままの姿で戦うだけではなく、うまく魅せるように工夫しながら頑張ってくべきだと思ってます。

 

具体的には、タクシーやバスの会社で働いているなら交通系と言い換えたり、ビルメンテナンスの仕事なら設備管理系の仕事と伝えたりするといいですね。

女性は仕事内容で相手の年収を予想するので、営業の仕事はウケがいいです。迷ったら「営業系かな〜、色々な仕事やってて」などとあいまいにすれば大丈夫です。

あまり女性ウケが良くない職種であれば「今は仕事しながら自分探ししてる」というようにごまかしてしまうのもありです。

 

仕事については適当にごまかしてしまってもいいので、うまく流しながら女性の好意を引き寄せるようにしてください。

 

会話力

会話力は婚活パーティーにおいても重要です。女性は楽しいことが好きなので、話が面白い人は顔が悪くてもモテるのです。

バナナマンの日村は正直イケメンとは言えないと思いますが、めちゃくちゃキレイな女子アナと結婚しましたよね。

人柄も大事だと思いますが、いっしょにいて楽しい人なら顔なんて関係ないのです。

 

もちろん芸人のような面白い話が必要というわけではありませんが、ある程度話を広げて楽しませる会話ができるほうがモテるのです。

婚活パーティーでは特に時間が短いので、落ち着いて話をするよりもたくさん喋ってアピールする方がうまくいく気がします。

 

婚活パーティーでは無口にならずにたくさん話をするのがオススメです。

 

婚活パーティで実際に出会えたの?

僕は婚活パーティーに40回近く参加してきましたが、マッチングしたのは5〜6回ほどです。

最初は見た目関係なくカップル希望を出していたので、シングルマザーの女性とマッチングしたのを覚えています。

一度デートに行きましたが、子供が二人いると聞いて「付き合えないな」と思ったので、それ以降連絡は取っていません。

 

「付き合える子を選ばないと」と考えるようになってから、婚活パーティーに参加してもマッチングする確率はだいぶ減りましたね。

自分が付き合いたいと思う子は倍率が高いので、カップル成立は難しいものです。

婚活パーティーは参加しやすかったので何度も行きましたが、30回以上行って5人しか連絡先交換できなかったので、めちゃくちゃ効率が悪かったなと反省しています。

 

婚活パーティーは今の時代にマッチしたサービスですが、残念ながら僕には合いませんでした。僕のように婚活パーティーが合わない人はいると思うので、そういう人は街コンやマッチングアプリなどで出会いを作ってください。

 

婚活パーティーはサバイバルゲーム

婚活パーティーで男に求められるのは「見た目・年収・会話力」です。

パーティー中は女性と話をする時間も数分しかないので、表面的なところしか見ることができないんですね。

いわば、婚活パーティーは無駄なものを徹底的に排除した出会いの場なのです。

 

婚活パーティーは気軽に参加できてカワイイ子が多いのは大きなメリットですが、顔や年収などで差別される殺し合いの場でもあります。

もし、デートでもうまくいかないときは、僕の無料メール講座で恋愛ノウハウもお伝えしているので、こちらにも登録してみてください。

 

では、最後まで読んでいただきありがとうございました!