Pairs攻略法!プロフィール添削を20名やって見えてきた失敗パターンまとめ

スマホを見る女性

【この記事を書いた人】ヒト

コミュニケーションや恋愛の教材・コンサルへ150万円以上投資してきた経験を生かし30歳から逆転できる」恋愛ノウハウを発信中。

30歳まで童貞だった僕の体験談も公開してます。

ワークショップ開催実績15回。

2019年度は恋愛のオンラインサロン管理人を一年二ヶ月経験。

◾️詳しいプロフィール
◾️メールマガジン

マッチングアプリ(主にPairs)の攻略法をお話しします。

出会いがほしい」と思っているあなたは今すぐペアーズをダウンロードしましょう。プロフィールを作りこんで、いいなと思う女性に「いいね!」を連打しましょう。笑

以前はマッチングアプリ=出会い系サイトのような印象があり、世間での印象も悪かったです。しかし、今ではペアーズの広告が電車の中でも貼られているように、恋愛アプリで女性と出会うことはごく一般的なものとなっています。

これからは「マッチングアプリをうまく使えるか否か」で恋愛の勝者が決まるといえますね。

 

ちなみに、僕は恋愛サロンの中でマッチングアプリのプロフィール添削&写真撮影を何十回も行ってきました。

結論から言うと、マッチングアプリでは見せ方が一番重要です。

あなたの良い部分を見せて、悪い部分はうまく目立たないように工夫しましょう。

 

以下、初心者がおちいってしまいがちな失敗パターンとともに改善策をシェアします。

 

プロフィール=アピールポイント

 マッチングアプリでのプロフィールは履歴書でたとえるなら「自己PR」です。

「自分のことを知ってもらうため」の文章でもあり、「自分を売り込むため」の文章でもあります。

就職活動の面接で、自分の強みを話さない人は「こいつは何をしに来たんだ」と思われます。

「うちの会社に入りたい気持ちがないんじゃないか」と思われてしまい、ほぼ100%落とされます。

面接官の立場で考えたらわかりますよね?

 

あなたが採用担当で、「自己PRをしてください」と言っても自分の魅力を語らない人。

こんな人を採用したいと思いますか?

僕は絶対思わないですね。

仕事ができなさそうだし、コミュニケーション能力も低そうだから。

「雇い損になるだけだし、他の人を採用しよう」という判断を下します。

 

「プロフィールは自分のアピールポイント」なので、精一杯自分の良さをアピールして下さい。

別に上手い文章でなくてもかまいません。

気持ちがこもっている文章であれば、女性の心に響きます。

 

あとは伝え方も大事ですね。

恋愛経験が少ないなら「恋愛について慎重で」というようにマイナスイメージを包み隠すように伝えるべきです。

別に嘘をつくというわけではなく、「うまく見せる」ことをするだけで大丈夫です。

就職活動の会社説明会は「仕事が多すぎて定時に帰れない」「営業成績が悪いと上司にネチネチ責められる」などの”ネガティブなリアル”の情報は100%出しません。

そんな本当のことを伝えてしまうと誰も入社したがらないからです。笑

 

女性からの好意を集めるという視点から考えると「悪い部分は隠して良い部分だけ見せる」スタンスでプロフィールを書くのがおすすめです。

女性からの「いいね数」が集まれば、相対的にあなた自身の価値が上がります。

女性はモテる男と付き合いたいもの。モテる男を演出することであなた好みの彼女をゲットしやすくなるのです。

 

ちなみに僕は、以前まではプロフィール添削も無料でやっていました。

プロフィールについては、

  • 一度書いたものを数日後に読み返す
  • 友達にチェックしてもらう
  • プリントアウトして紙の上でチェックする

などを行うことで、より洗練された文章になるはずです。

 

参考として、ココナラタイムチケットなどでプロフィール添削してくれる人はいます。

プロフィールの見せ方を変えるだけで女性の反応も様変わりします。

 

2021年追記:マッチングアプリでは性別を女性と登録して、人気男性のプロフィールを丸々パクってプロフィールを作っていく裏技があります。

ティンダーなどでは、女性だけでなく男性も探すことできるので、プロフィールの参考にするためにも是非やってみてください。

 

写真は人にとってもらえ

自撮り写真は100%ダメです。

なぜダメかというと、気持ち悪いからです笑

「男が自分の部屋でちょっと斜め上からスマホで撮影する」姿は1ミリも男らしくないし、ただキモいだけ。

snowなどのアプリで加工すると一発アウトです(猫耳をつけるとかどんな趣味だよ、って話です)

 

ちなみに女の子は「どうすれば可愛く見えるか」「小顔にうつるか」を知っています。

マッチングアプリで使っているのは史上最高に写りがよかった奇跡の一枚です。

 

僕ら男もトップページの写真についてはプロのカメラマンに撮ってもらうべきです。

こちらも先ほど説明したココナラやタイムチケットでカメラマンを探してください。

「マッチングアプリ用のプロフィール写真がほしいです」と伝えればうまく撮影してくれます。

安い人なら1時間6000円ほどで見栄えの良い写真をとってくれます。

先行投資だと思って、プロフィール写真に関してはお金を使うべきです。

 

実際にプロフ添削した感想

  • 「車を持っているのに車の写真がない」
  • 「写真より実際に会ったときの方がイケメン」
  • 「プロフィールが短すぎて、その人の良さがわからない」

という人が多くて、めっちゃくちゃもったいなく感じました。

 

いい女性と出会えたはずの可能性を、自分の手でつぶしちゃっていて。

男も顔で選ばれるんだから、少しでもイケメンに見える努力をするべきなのに。

「写真よりイケメンじゃん!」女性の好感度は上がるかもしれませんが、僕としてはそのギャップよりも「いいね数を稼いで、出会いの数を増やす」ことのほうが大事だと思っています。

「いろんな女性と出会ってみたい」と思っている男性は特に。

 

車を持っている人はサブ写真に載せて「ドライブ好きです」とアピールしましょう。

車の外観だけでもOKです。

「この車に乗ってデートしたら楽しそうだな」と思わせられたら勝ちです。

デートのオファーにつながりそうな伏線はあればあっただけ役に立ちます。

最終目標である「彼女化」「セックス」につながるように、プロフィールや写真は設定しておくべきなのです。

 

プロフィールを作りこむメリット

アプリのプロフィールを考えるのは確かに面倒くさいです。

僕も初めての出会い系アプリ(ハッピーメールでした)で、プロフィールを考えるのに5〜6時間かかりました。

 

でも、自分の強みや趣味について考えることは恋愛において非常に重要です。

マッチングアプリだけに使えるものではないからです。

自分の長所や好きなことについて考えておけば、婚活パーティーや街コンなどでもスラスラ話すことができます。

もちろんPairsでつくったプロフィールはOmiaiやタップルなどでもそのまま使えます。

マッチングアプリを毛嫌いせずに、いちど時間を取って自己分析をしておくべきです。

 

自己分析についてですが、紙にガリガリ書くのもいいですがオススメはマインドマップを作ることですね。

マインドマップ

僕はXmindというアプリを使っています。

無料で使えるアプリなのに、非常に使いやすく質も良いです。

 

「趣味」「自分の性格」などとテーマを決めて、思いつくことをひたすら書き連ねてください。

出会いの場やデートできっと役に立つはずです。

 

いいね数を増やすためのツール

HiMacroEx(Windows専用)

Repeater(Mac専用)

マウスの動きを記憶し、その動作をずっと繰り返してくれるアプリです(無料)。

これを使って女性のプロフィールにひたすら足跡をつけまくります。

 

ただ、いくら足跡をつけても自分のプロフィールや写真がしょぼいと全く意味がありません。

こういったツールを使う前に、自分のプロフィール&写真を作りこんでおいてください。

 

ヒトのプロフィールをちょい見せ

プロフィールの写真

あまり力を入れてない時期だったので「いいね」の数が少ないです笑

「つぶやき」の欄ですが、写真とともに真っ先に目に入る部分です。

「よろしくお願いします」などと書いている男性が多いのですが、非常にもったいない。

 

僕の場合は「猫が好き」→「猫カフェにもよく行く」→「今度いっしょに猫カフェ行きませんか」の流れでデートまでつなげることを狙っています。

アピールできるところはアピールしておかないともったいないので、つぶやき欄に書くコメントもしっかり考えてください。

僕のをパクってもOKです笑

 

Pairs→LINEへの移行実例

マッチングアプリのやりとり画像

PairsからLINEに移行したときの最初のやり取りです。

女性側からポンポンと返信してくれたので、僕も同じくらいのスピードで返信しています。

 

LINEなどのメッセージは「相手のペースに合わせる」のがベストだと思っています。

相手の返信が遅いなら自分も遅くていいし、割と早めに返してくれる子ならある程度早めに返してあげるほうが親近感もわくかなと。

 

略すのが好きそうな子だったのであだ名はDAIGOにしました笑

 

マッチングアプリはスキマ時間に出会いを増やすことができる便利ツールなので、ぜひ恋愛活動に取り入れて下さい。