筋トレでモテる方法。筋トレでモテたい男が意識すべきポイント

筋トレする男

【この記事を書いた人】ヒト

コミュニケーションや恋愛の教材・コンサルへ150万円以上投資してきた経験を生かし30歳から逆転できる」恋愛ノウハウを発信中。

30歳まで童貞だった僕の体験談も公開してます。

ワークショップ開催実績15回。

2019年度は恋愛のオンラインサロン管理人を一年二ヶ月経験。

◾️詳しいプロフィール
◾️メールマガジン

「筋トレでモテる!」と言われますが、マッチョだからモテるというわけではないです。

もちろん筋肉はないよりあったほうがいいのですが、女性に求められるのはバランスのいい肉体を持った男です。

 

もしあなたがガムシャラに筋トレをしているなら、いちど冷静になって自分の身体を観察してください。

昔の僕のように「肩幅ばかり広いな」「お腹が出ているな」などと、鍛えすぎている部分やたるんでいる部分はありませんか?

 

もしバランスが悪い身体になってしまっているのなら、ジムでトレーナーに相談したり、筋トレの本を買って勉強したりすべきです。

でないと、モテるために筋トレをしているのに体のラインがおかしくなってしまい、女性の求める体から遠ざかってしまいますよ。

 

以下、モテるために筋トレをするために必要なことと、一生懸命筋トレをするだけではモテない理由を述べていきます。

 

筋トレするだけじゃモテない

一生懸命筋トレするだけでは女性にモテる男にはなれません。

あくまで女性にとって魅力的な身体を持つ男がモテるのであって、マッチョならモテるというわけではないのです。

「筋トレしまくったらモテる」と思い、ベンチプレスやスクワットをやりまくったのにモテないという状況は悲しすぎます。実際に、僕もジム通いをしていた時期がありますが、筋肉量が上がったものの女の子がすり寄ってくるほどモテるということはありませんでした。

 

ぶっちゃけ、モテる男になるには中背中肉の体で十分です。細マッチョの肉体がベストですが、たまにジムに行って全身を満遍なくトレーニングする程度でOKなのです。

以下、モテるための筋トレに必要なことを述べていきます。

 

バランス重要

何事もそうですが、バランスが悪いと人に良い印象を与えることはできません。

筋トレも全身をバランスよく鍛えないと変な体型になってしまいます。

僕の場合はトレーナーをつけずに筋トレをしていたので、肩幅は広いのに腕が細いという気持ち悪い体型になってしまいました(肩幅が広いのは、昔水泳をやっていたからです)。

まんべんなくトレーニングしているつもりでも、トレーナーがいないと自分の好きな部位(鍛えやすい場所)ばかり鍛えてしまいがちです。

筋トレを始めるなら、なるべくトレーナーから筋トレの仕方を教わってから始めるほうが無難です。

 

金銭的な面で厳しいようなら、筋トレの本を何冊か購入して勉強をしてからトレーニングを始めるべきです。

バランスの良い体を手に入れることで、女性から求められるようになるのです。

 

マッチョ好きは少ない

ボディビルダーの男

この写真のように、ボディビルダーのような体を好む女性は少ないです。細マッチョが一番モテるというのは昔から言われていますよね。

時代によってどのような体型の男が好かれるか変わるものですが、今の時代はスリムでスーツの似合う男性がモテます。恐らく2025年ぐらいまでは細マッチョの男性がモテる傾向は変わらないでしょう。

モテるために筋トレするなら、スーツの似合う細マッチョの体型を目指すべきです。

 

ある程度筋肉をつけたら、女性との出会いを増やしたりデートに誘ったりするのがモテる男になる近道です。

 

モテない奴はモテねえ

ジムに通って筋トレしても、モテない奴はモテません。筋肉があればモテるわけではないからです。

  • 毎週ジムで鍛えている男
  • 毎週街コンや婚活パーティーに参加し、女の子と頻繁にデートしている男

この二人だと、女性は後者を選ぶこともあります。

ジムで筋トレばかりする男よりも、女性と出会いデートに行く回数の多い男のほうがモテる可能性が高まるのです

もちろん、ある程度筋肉はあったほうがいいのですが、筋トレよりも女性と関わる機会を増やすほうがコミュニケーション能力も上がりモテる可能性が上がるのです。

 

別にスポーツジムを否定しているわけではありませんが、「モテるためには筋トレをひたすらすればいいってことではない」ということです。

ここまで言う理由は、実際に僕が「筋肉がある方がモテる」と考えて、ガムシャラにジムでトレーニングをしていたからです。

 

僕は童貞の頃「俺はヒョロいからモテないんだ。筋肉をつければモテるに違いない!」と考えてジム通いを始めました。

確かに筋肉量は増えました。しかし、女性から好かれることも体型について褒められることもありませんでした。

 

もちろん、筋トレをすることで自分に自信がついたり、ジムに通うことで気分転換になったりするというメリットもあります。

ですが、「マッチョになればモテる」という考えは改めるべきなのです。

女性からすると「好きになった人が細マッチョだったらいいな」と思うだけなのですね。

 

女性にモテるためには、ジムでの筋トレよりも出会いを増やすことのほうが重要なのです。

 

細マッチョになりモテるための筋トレ

モテるために筋トレをするのなら、細マッチョを目指すべきです。

今の時代は、「細いけど脱いだらムキムキ」という体型が好まれるのです。

今の細マッチョがモテる傾向は、最低でも2025年までは続くでしょう。

なので、筋トレするときも大きくするための筋トレではなく脂肪を落とすための筋トレをすべきなのですね。

 

以下、細マッチョになる筋トレについて述べていきます。

 

自重トレ

細マッチョになるなら、ジムに行かなくても自宅での自重トレーニングで十分達成できます。細マッチョにはベンチプレスやデッドリフトなどのウェイトトレーニングは必要ないからです。

 

スポーツジムでデッドリフトやベンチプレスをすれば身体は大きくなりますが、普通にガタイのいい男になる可能性があります。「ベンチプレスやりすぎてTシャツがパツパツになった」なんていうのもわりと日常的に起こるのです。

別に筋肉ムキムキでなくても、中背中肉程度のスタイルを維持しておけば女性からモテるのに十分です。

 

自重トレーニングについてですが、始める前にトレーニング法を学んでおいたほうがいいでしょう。オススメはこの本です。

僕自身この本で学びましたし、自重トレーニングをマスターしてからは雨でスポーツジムに行く気がないなどは家の中でトレーニングできるようになりました。

自重トレーニングをマスターすればジムに通う時間を節約できるので、浮いた時間でパーティーに参加したりデートに行ったりできるのです。

個人的には「腕立て・腹筋・背筋」をひたすら一生懸命やるのが、手っ取り早くバランスの良い身体を手に入れる近道だと思っています。

 

もちろん、自重トレーニングだけでなくてダンベルやプッシュアップバーなどを買って筋トレするのもありです。

個人的には、自重トレーニング+ダンベルが僕の身体には合ってるように感じました。

 

自重トレをマスターして中背中肉のスリムな体型を維持することを意識すべきです。

 

ランニング<筋トレ

ランニングよりも筋トレのほうが細マッチョになるためには効果的です。ランニングは心肺機能を鍛えることには向いていますが、筋肉量はあまり増えないものです

筋トレで筋肉がつく理論として「超回復」というのがあります。筋トレで筋肉に強い負荷をかけると筋組織が破壊され、休息によって修復されるときに以前よりも強く大きく作り変えられるのです。

トレーニングによって筋肉を限界まで破壊することで、より強い筋肉が手に入るのです。

 

私のやり方が悪いのかもしれませんが、ランニングだと筋肉を限界まで追い込むことが難しいです。足の筋肉や心肺機能を追い込めたとしても、100%ではなくて90%までの力しか出せないように感じます。

ちなみに、10キロのランニングをしたとしても、足の筋肉にはそこまで負荷はかからないのです。疲労感はあるのですが、筋組織には効かないのです。

 

ランニングはジャンプのような要素があり、リラックス効果や血流の促進などの効果はあるように感じます。しかし、「筋肉量を増やすならランニングをやめて筋トレに集中しろ」と指導するトレーナーもいます。

「ランニングすると足の筋肉が落ちる」とも言われており、ランニング歴15年の僕の体感でもランニングで筋肉が落ちていく印象がありましたね。

 

スマートな体型のほうがモテるのは確かですが、必要以上に筋肉を落としてしまうと体力も落ちてしまいます。

筋肉量を減らさずにスリムな身体を手に入れるには、ランニングより筋トレに力を入れるべきです。

 

モテるなら腹筋と前腕を鍛えろ

モテるために一番に鍛えるべき部位は、「腹筋」「前腕筋」の二つです。

腹筋を鍛えるのはたるんだお腹を引き締めるためで、前腕を鍛えるのは腕まくりをしたときの見栄えを良くするためです。

もちろん全身をバランスよく鍛えるのが一番いいですが、よりメリハリのついた体を作りたいのであれば前腕と腹筋を鍛えると良いでしょう。

 

以下、腹筋と前腕筋を鍛えるのにオススメの方法を述べていきます。

 

腹筋を鍛える方法

腹筋を鍛えるためには、寝そべったまま足をイスに乗せて、状態を起こすスタイルがオススメです。腹筋ローラーは別に必要ありません。

やり方は以下の動画が参考になります。

腹筋に限りませんが、鍛える部位を触ったり鏡で見たりしながらトレーニングすると効果が上がります。

ひざを直角になるようにイスに乗せてやるのがコツです。

 

腹筋を鍛える上での注意点としては、やりすぎると声の出が悪くなるということです。

僕自身、腹筋を鍛えた次の日は声が出にくくなりコミュ障っぽくなってしまいます。

個人的には、腹筋はお腹が出ていない程度に鍛えていれば大丈夫だと思っています。

 

前腕を鍛える方法

前腕を鍛える方法としては、ダンベルを使うのが一番早いです。

というのも、腕立て伏せやベンチプレスは二の腕や胸の筋肉ばかり使ってしまうので、前腕を集中して鍛えられないからです。

前腕に関しては、ダンベルで集中的に鍛えるべきなのです。

 

ただし、注意点があります。

前腕は食事の時も車を運転する時も、常に使う部位です。

なので、前腕を限界までトレーニングしてしまうと日常生活に支障が出てしまうのです。

 

前腕の筋トレをして仕事や食事などに影響が出るときついので、自分の身体と相談しつつトレーニングしてください。

 

前腕を鍛えるには、以下の動画が参考になります。

この動画のトレーナーさんは「前腕だけ鍛えることはない」と言われていますが、背筋や胸筋を鍛えることで前腕も鍛えることができるんですよね。

つまり、上半身をまんべんなく鍛えれば前腕も太くたくましくなっていくということです。

 

ここでは真っ先にやるべき筋トレとして前腕のトレーニングを挙げましたが、なるべく時間をとって全身をバランスよくトレーニングするべきです。

 

筋トレに欠かせないサプリメント

筋トレに欠かせないサプリメントについて考えました。トレーニングの効果を最大限に引き出すには、高タンパク低脂肪の食事が欠かせません。

オナ禁でも大切になってくるのですが、筋トレでは無駄なものを体に取り入れないことと、必要な栄養素を十分に摂取することが重要です。

参考記事:オナ禁でモテる!?童貞卒業したいなら絶対オナ禁すべき理由とは

 

ただ、筋トレするだけでも大変なのに食事に気を使うなんてしんどいですよね。

なので、あらかじめサプリメントを準備しておくと便利です。

 

サプリメントがあれば手軽にタンパク質を取ることができるので、筋肉もつきやすくなるのです。

 

オススメはBCAAとプロテイン

オススメのサプリメントとしてはBCAAプロテインが挙げられます。

というのも、この二つがあれば筋肉量の減少を抑えつつ筋肉量を増やすことができるからです。

 

BCAAとは、筋肉で主に代謝されエネルギー源となる必須アミノ酸の総称のことです。

使い方としてはトレーニングの30分ほど前にBCAAを摂取すると、筋トレでの筋肉の分解を抑えることができるのです。

 

僕が愛用しているBCAAはこちらです。

水に溶けやすいですし、普通に美味しいのでずっと購入しています。

 

次に、プロテインに関してですが、トレーニング後と寝起きに飲むのがオススメです。

トレーニング直後は筋組織が破壊されているので栄養分が必要ですし、寝起きも栄養が不足しているので早めに栄養を補給したほうがいいのです。

 

僕の愛用のプロテインを紹介します。

オナ禁でモテる!?童貞卒業したいなら絶対オナ禁すべき理由とはの記事でも述べましたが、WPI製法で安価なプロテインとして上記をオススメします。

アメリカはサプリメント大国とも呼ばれていて、プロテインに関してもアメリカ産のほうが安くて品質も良いのです。

プロテインは他のものでも良いですが、選ぶのであればWPI製法で作られたもののほうがお腹を壊す可能性が減ります。

 

サプリメントは国産よりも、アメリカ産のほうが安くて品質が良いのが多いですね。

 

筋トレはモテるためにやるべき

筋トレをするだけではモテない理由をお話ししてきました。

少し長くなったのでまとめると、

  • 筋トレするなら全身をまんべんなく
  • ゴリマッチョ好きは少ない
  • モテるならジム通いより女性との出会いを増やす方が大切

筋トレをするなら上記の三つを意識して取り組むべきです。

 

そして、万人ウケする細マッチョになるためには

  • 自重トレ
  • ランニングより筋トレを重視
  • 腹筋と前腕筋を重視して鍛える

これらを取り入れることでよりモテる身体に近づくことができるでしょう。

 

童貞を卒業したり彼女を作ったりしたいなら、モテることに特化した筋トレをしていくべきです。

筋トレが目的になってしまっては元も子もありません

 

筋トレはあくまで自分磨きの一つなので、ある程度引き締まった体になったら会話力を磨いたり身だしなみを磨いたりしてきましょう。

こうやって自分を高めていけば、いずかは童貞も卒業できるし彼女だってできるのです。

 

では、今回も読んでいただきありがとうございました!