彼女はどうやって作るのか。童貞→彼女を作るまで経験した5step

驚く女性

【この記事を書いた人】ヒト

コミュニケーションや恋愛の教材・コンサルへ150万円以上投資してきた経験を生かし30歳から逆転できる」恋愛ノウハウを発信中。

30歳まで童貞だった僕の体験談も公開してます。

ワークショップ開催実績15回。

2019年度は恋愛のオンラインサロン管理人を一年二ヶ月経験。

◾️詳しいプロフィール
◾️メールマガジン

「彼女ってどうやってつくるんだよ!」と思うことってありますよね?

僕が童貞のころは「デートして仲良くなったら自動的に彼女になる」と思ってました。

しかし、女の子とデートを繰り返しても、仲良くなることはおろか連絡が途絶えるだけでした。

僕は女の子と自分本位なデートをしていたため、彼女たちの貴重な時間を奪っていたのです。

 

僕のような犠牲者とならないために、彼女の作り方について学んでおく必要があります。

彼女の作り方はRPGゲームといっしょで、経験値(好感度)を積みかさねるイメージで考えるとわかりやすいです。

 

以下、彼女の作り方についてお話しするとともに、僕が彼女を作るまでの流れを5ステップでお話ししていきます。

 

彼女はどうやって作るの?

童貞で彼女ができたこともないと、彼女の作り方もわからないですよね。

普通に生きているだけでは、恋愛については誰も教えてくれません。

恋愛について悩んでいるのなら、あなたのように僕の記事を読んだり何かしらの教材を買ったりして自分から勉強しないといけないのです。

 

学校では、人生で一番重要と言ってもいい「恋愛」について何一つ教えてくれません

「どれだけ適当な教育システムだよ」と思うかもしれませんが、これは他のライバルたちも一緒です。

この記事を読んでいるあなたはセンスがいいので、恋愛について知識や経験を積み重ねていきライバルたちをごぼう抜きしましょう。

 

ちなみに、僕が童貞のときは「女の子と遊びに行って楽しく話をしていれば付き合える」と思っていました。

しかし、彼女の作り方を知らないとただご飯を食べて話をするだけで終わってしまいます。

あなたが本当にしたいと思っているキスやセックス、一緒に手をつないで街中をぶらぶらするといったイベントを経験できないのです。

僕は今でこそ童貞を捨てることができましたが、「彼女の作り方を知ってたらもっと早く童貞卒業できたのに」と今でも思います。

 

僕のような悲劇を生まないためにも、以下の彼女の作り方についてはよく読んでおいてください。

 

FFと彼女の作り方は同じ

ファイナルファンタジーのロゴ引用:SQUARE ENIX

僕はゲームが好きで、特にファイナルファンタジーシリーズがお気に入りでした。

RPGゲームでレベル上げをしつつこまめにセーブしながら進めていくのが好きです。

最近気付いたのですが、FFのようなRPGゲームと恋愛って同じなんですね。恋愛だけではなくて、仕事も人間関係も含めた人生そのものがRPGゲームと同じなのです。

レベル上げをしつつ、こまめにセーブしながらシナリオをクリアしていく感覚は大事にしてほしいと思います。

 

実際に、人生とドラクエをかけあわせた人生哲学書も発行されています。

僕の経験でも「人生も恋愛もFFと同じで積み重ねだな」と思います。

ゲームを始めた頃にボコボコにされた強敵でも、レベルを上げながら武器や防具を集めていくと次に会ったときは勝てたりするのです。

敵のHPや攻撃力などはゲームの中では変わりません。敵に勝てるのはプレイヤー(あなた自身の)のレベルやステータスが上がったからなのです。

 

僕は中学時代、うまくいかない現実から逃げるために休みの日になるとゲームばかりしていました。

しかし、この現実逃避グセが童貞歴を長引かせる原因になってしまいました。

でも、ゲームにハマったおかげで人生もゲーム感覚で生きることができるようになりました。

そう考えると、ゲームも捨てたものじゃないですよね。

 

あなたがデートをした後に女性からlineの返信が来なくなったり、好きな子を遊びに誘って断られたりすると発狂しそうになりますよね。

童貞A
必死にやってるのになんでだよ!
童貞A
女の子なんて何考えてるかわかんねえよ!ファック!

と思ってしまいますよね。

しまいには、

童貞A
俺なんて彼女作らずに風俗で我慢すればいんじゃね!その方が効率いいだろ!

こんなふうに、彼女を作ることすらも諦めてしまうかもしれません。

 

しかし、めげずに女性にアプローチをしたりデートをしていれば「前よりスムーズに話ができるようになったな」と自分の成長は実感できるものです。

恋愛は本当にゲームと同じで、経験したら経験したぶんだけ経験値スキルが溜まっていくものです。レベルアップのファンファーレが鳴らないために、自分が成長していることに気付きにくいだけですね。

 

RPGゲームで例えると、あなたが全く進めないシナリオがあって、いつもボスキャラに全滅させられているとします。

でもあなたは諦めずレベル上げをしたり、googleなどでボスキャラの攻略法を調べたりするはずです。

そして、レベル上げをしたりボスキャラの弱点をうまく攻めることでシナリオをクリアしていくのです。

 

恋愛で言えば、女性を誘って断られたなら改めて自分の身なりに気を使ったり、デートオファーまでの流れと会話を見直せばいいのです。

身だしなみについては以下の記事が参考になります。

参考記事:男は見た目が9割は本当!童貞卒業には清潔感が絶対必要なワケ

 

デートで失敗したなら冷静に何がダメだったのか反省したり、モテる友達に相談したりとできることは山ほどあります。

たくさんアクションを起こして失敗しながら経験値を積んでレベルアップし、次の機会に生かしていけばいいのです。

 

別に失敗してもいいので(せいぜいお金がなくなるだけです)、たくさん行動していくことで経験値やスキルはたまっていきます。少しずつでいいので、行動に移してほしいと思います。

 

彼女の作り方の具体例

彼女の作り方は以下の通りです。

彼女の作り方
  1. 身だしなみを整える
  2. 出会う女性を増やす
  3. 口説き方を学ぶ
  4. デートする
  5. デート中に告白・セックスする



上記の5ステップで彼女はできます。

 

ちなみに、女の子の中には押しに弱い子もいるのでデート終わりに「好きです。付き合ってください」と言うだけで付き合えることもあります。

ナンパ師が良く使う「色恋落とし」として

  1. 好きです
  2. タイプです
  3. 付き合ってください

というコンビネーションがありますが、これは初めてのデートでも使えます。

「好きです」というのがうまく言えないのであれば、「○○ちゃんのことタイプだし、付き合ってよ」というライトな感じでもオッケーです。

 

女性ウケのいい外見に整えて、とにかくアタックすることが彼女を作る近道です。

童貞A
んなこといわれても出会いがねえよ!

というあなたは以下の記事を参考に出会いを増やしてください。

右肩上がりのグラフ

童貞は出会いを増やせ。童貞でも女と出会える方法5選

2018年10月21日

 

あと、クリスマスの前などは、彼氏のいない子は寂しい気持ちになるものです。

そういう女の子の揺れ動く感情をうまく利用していくと、意外と簡単に彼女ができたりするのです。

 

合コンとかは彼氏がほしい子の集まりです。

もちろん「友達に連れられて・・・」という彼氏持ちの子もいますが、ほとんどは彼氏が欲しいけど出会いがない女性です。

ある程度の見た目でトークも盛り上げて、うまく口説けばその日のうちに彼女にすることだって可能なのです。

 

どんな男でも見た目を整えていろんな子にアタックし続けることで恋愛の経験値・スキルが貯まり、外見レベルも向上し、女性とセックスや付き合うことも可能なのです。

 

弱点をなくせ

落ち込む男

彼女を作るためには、自分の弱い部分を克服していくことが大切です。

長所を伸ばすことよりも、短所をなくすことのほうが労力としては少なく済むものです。

 

受験で例えると、英数国の三教科で英語が80点、国語が70点、数学が60点だとします。

この場合、合計点を上げるためには80点の英語を勉強するより60点の数学を勉強するほうが伸びしろがありますよね。

英語はいくら頑張ってもあと20点しか上がりませんが、数学は40点上がる可能性があるのです。

 

これを恋愛に当てはめると、見た目が70点、トーク力が50点、性格や人間的魅力が60点の男はネックであるトーク力・女性の会話を重点的に補強していくべきです。

女性とのコミュニケーションを通じて自分の弱い部分を確認し、その弱点を克服することを心がけましょう。

 

ちなみに、僕はずっと会話が苦手でした。

特に女の子との会話が苦手だったので、話をすることから逃げていました。

その結果、童貞卒業や彼女ができるまでかなりの時間を費やしてしまいました。

なので、これを読んでいるあなたは僕のような失敗をしないように気をつけてください。

 

女性が欲するものを与える

彼女を作るには、女性が何を欲しがっているか、どんな男と付き合いたいと思っているかを知ることが重要です。

相手が欲しがるものを持っている人は、求められるのは必然です。

女の子が理想とする男になることができれば、その女性と仲良くなれる可能性は急激に上がります。

 

例えば、水不足の国であなたが大量の飲み水を持っていたら多くの人が寄ってくるはずです。

女性が男に求める、

  • 清潔感
  • お金を稼ぐ力
  • 人としての魅力
  • リーダーシップ
  • 他の女性からの人気

などの要素を手に入れることで、女性から求められる男になれるのです。

 

ほとんどの男は一方的に女性へアプローチをするだけで、女性にとって魅力的な男になるための努力が足りていません。「好き」という気持ちだけでは、女の子を口説き落とすことはできないのです。

女性目線で考えるという行為をしなければ、うまくいかないのも当然ですよね。

 

あなたが女性から求められる男を目指して努力することが、童貞卒業や彼女を作る上での王道であり近道です。

僕自身まだ完璧とはいえませんが、魅力的な男になろうとする意識を持ってからは徐々に成長できていると感じています。

 

「あなたという商品を女性が求めるものにカスタマイズしていく」というイメージで考えると努力の方向性は間違わずに済むと思います。

マーケティングの概念でいえば「あなたという男の魅力を提供して女性からセックスを受け取る」という感覚です。

女性が欲するもの、男に求めるものというものを意識することで、自分自身のレベルも上がり彼女が出来るスピードも上がります。

 

彼女どうやって作った?俺がやった5step

階段を登る人

僕が彼女をどうやって作ったのかお話しします。僕がしてきたこととしては、以下の通りです

家で勉強する→デートや街コンなどで実践する→反省する→勉強・実践する

僕は先のことを考えるのが苦手なタイプなのですが、その代わりにある程度行動力は持っているようです。不器用ながらも行動し続けることで、曲りなりにも結果を出すことができました。

以下、僕がやってきたことについて順番に説明していきます。

 

step1.
ファッションに投資

僕が最初にしたのはファッションへの投資です。

彼女を作るには、改めて女性が本当に求める身だしなみを手に入れることが必要だと思ったからです。

あと、「俺ってもしかしてダサいんじゃないか?」と思ったからでもあります。自分のことは自分が一番わかっていないものです。

ちなみに仕事でも、自分の印象や仕事ぶりなどについて同僚に聞いてみることで、客観的な意見が得られるため改善する指針となります。

 

ファッションを考えていくに当たり、どんな男がモテるのか分からなかったので街を歩くカップルの男性のファッションをチェックしてみました。だいたいの男はオシャレでスリムな体型で髪型もバッチリ決まっていました。

自分と顔の作りが違うというのもありますが、女を連れている男はファッションも洗練されていました。

そこで僕は「オシャレでカッコよくなれば彼女もできて童貞も卒業できるかもしれない」と考えたのです。

 

とりあえず、休みの日にはセレクトショップに回って自分なりにおしゃれな服を買い集めました。

もともと持っていたダサい服は半分くらい捨てました。ダサイ服を持ってると心もダサくなってしまうので、タンスの中をチェックして、絶対着ないであろう服は処分してしまうことをオススメします。

あと、女性の求めるファッションを学ぶため、少女漫画や女性向けのファッション雑誌も山のように読みました。

そして、登場する男性キャラクターやモデルの服装・体型をマネしました。

 

具体的には以下のような男性に近づけるようにしました。

スーツでほほえむ男スーツの後ろ姿の男

少女漫画や女性向けの雑誌はたいてい長身でスマートなイケメンばかり登場します。

今の時代は、上記の画像の通り引き締まってスマートな体型・ファッションが女性に好まれます

 

あとは男性向けのファッションコーディネートを載せているサイトを参考に、同じ色・ブランドの服を買ったりもしました。

今はWEARのサイトがモデルも多く、オススメです。

ファッションについては以下の記事にまとめてあるので参考にしてください。

買い物中のカップル

女性目線でファッションをつくれ。童貞の正しい服の買い方

2018年8月16日

 

男は20代後半から代謝が落ちてきて、30代にもなるとお腹がポッコリ出ている男がめっちゃ増えます。

あなたがスマートな体型とそれに似合うファッションをするだけで、他の男より一歩リードできるのです。

 

僕はたくさん服を買ったのである程度オシャレにはなりました。しかし、それだけで彼女ができることはありませんでした。

女の子はそこまで男の見た目にこだわっていないので当然です。

 

たまに女の子から「オシャレだね」「カッコいいね」と社交辞令のように言われることがありましたが、セックスしたり彼女ができたりしないと意味がないですよね。

しかし、そのときの僕は「俺ってオシャレなんだ」と心の中でガッツポーズしていました。おしゃれでもモテないのに、マジでアホですよね。

 

オシャレをするだけではモテないと気づいた僕は、出会いの場に参加することにしました。

 

step2.
婚活パーティーに参加

パーティーの写真

僕はパーティーやコンパに参加したことがなかったのですが、「これは試練だ」と思って勇気を出し婚活パーティーに参加しました。

最初に参加したのは婚活パーティーですが、出会いの場に参加したことがなかった僕はメチャクチャ緊張しました。

受付に並んでいる時は心臓がバクバク鳴って胃が飛び出そうになったのを覚えています。

 

婚活パーティーでは、思わず死にたくなるようなトラウマ級の思い出がたくさんできました。

女性との会話で以下のようなやり取りをしたこともあります。

女性
最後に彼女いたのいつですか?
ぼく
えーっと・・・。

この質問をされた時、冷や汗と共に顔から血の気が引いていったのを覚えています。

彼女のいたことのない男に「前の彼女といつ別れたの?」という質問は拷問にすぎません。

僕は元カノのことを聞かれるたびにフリーズして動かなくなっていました。

女の子には「この人一度も彼女いたことないんだ・・・」と思われたでしょう。悲しい思い出です。

 

婚活パーティーに限らず、女性は急に「彼女がいたのってどのくらい前?」と聞いてくるので注意しましょう。

適当に嘘をつけば大丈夫なのですが、昔の僕のように真面目で嘘をつけない人はあらかじめストーリーを設定しておきましょう。でないと僕のように殺戮されます。

 

例として、以下のようにニセ彼女を設定しておくといいでしょう。

ニセ彼女の設定
  • 1年前に別れた
  • 少し付き合ったけど、なんか違うと思って一週間で破局
  • 飲み会で知り合い、その後2回デートをした。僕から告白して付き合った

 

婚活パーティーはスペックの高い女性が多いですが、女性はかなり安く(無料〜¥1000ほど)参加できるので本当にいいと思った男にしか連絡先を渡す気のない子が大半です。

男側は金を払うだけで参加でき、ハイスペックの女性が多いのでウキウキするものです。

しかし、女性との温度差を意識しないと昔の僕のように「回数は参加するもののマッチングしない」という負のループにハマります。

 

婚活パーティーには毎月のように参加しましたが、女性に選ばれることはほとんどありませんでした。

婚活パーティーは短期間で結婚したいと考えている女性が多いので、結婚以前に彼女を作りたいと考えてる僕はニーズとして合っていなかったのだと思います。

でも、パーティーで会話の練習を積んだことで女性との会話スキルは格段に上がりました。

 

step3.
マッチングアプリを使う

僕は婚活パーティーで女性と連絡先すら交換できなかったので、PairsやOmiaiなどのマッチングアプリを始めました。

もう半分ヤケクソで「できることは全部やる」というスタンスでした。

 

マッチングアプリのやり方は、恋愛サイトに、

  • プロフィールは多めに記入しろ
  • 掲示板を使え
  • 写りのいい写真を使え
  • ペットなどが写り込んでいる写真がベスト
  • 女の子ウケする趣味を記入しろ

と書いてあったのでその通りやりました。

写真はプロのカメラマンに撮ってもらい(写真屋さんで4000円ほどだったと思います)、プロフィールはパソコンのワードを使って一生懸命書きました。

掲示板も利用しつつ「いいね!」を送信しまくったところ意外とあっさりマッチングできました。

 

でも、デートにこぎつけた子からアム◯ェイの勧誘をされたり、デート中にずっと携帯をいじられたりとあまりいい思いはしていません。

マッチングアプリはよくネットで「ヤリマン娘が釣れた」「即日ホテルでヤりました」とか書かれてますが、あれは元々モテる人間が力任せに無茶苦茶やるからお持ち帰り出来るだけです。

僕はナンパをしていたので分かりますが、出会ってその日にお持ち帰りするというのは女の子にとってハプニングそのものです。セックスの後に「セックスする気なかったのに、なんでやるの!?」という感情を生み出すリスクが少なからず発生してしまうです。

実際に女性との同意の上でセックスをしたとしても、セックスの後に「無理やり犯されました」と警察に通報されると男の立場は非常に弱いので、犯罪者として捕まってしまう可能性が非常に高いです。

元々モテない男がまぐれでワンチャンできるなんて話はまず存在しないので、彼女を作るためには着実に努力を重ねていくしかないと考えています。

 

マッチングアプリでは何回かデートはできたし、デートの経験を積むことができました。

アプリはすぐに女の子とデートができて、めちゃめちゃコスパは良いです。アプリには女性も山のように登録していますし、一人がダメでもすぐに他の子を探せるのです。

 

アプリをたくさん使っていくことで、メッセージの送り方もうまくなりマッチングする確率もあがっていくのです。

ちなみに他のマッチングアプリもほとんど同じシステムです。他のアプリと併用すれば毎週末の予定をデートで埋め尽くすことも可能です。

 

また、マッチングアプリではメッセージのやりとりだけで初回デートができてしまうので、口下手でも大丈夫です。

会ったときは緊張しますが、メッセージの時点で何回かやり取りしているので彼女の好きな話題について掘り下げていけば大丈夫です。

 

僕はマッチングアプリで彼女を作ろうと努力はしたのですが、2回目のデートから先に進めないことに気づきました。

マッチングアプリは簡単に女性とデートができますが、その反面、男女のデートというかただご飯を食べるだけの食事会になってしまうケースが多いです。

 

僕は恋愛テクニックはある程度勉強していましたが、マッチングアプリでうまくいかない状況を踏まえ恋愛についてもう少し勉強する必要があると考えました。

 

step4.
恋愛を学んだ

勉強する男

僕は2回目のデートから先に進むために、恋愛マニュアル本を買ったり恋愛サイトを見て勉強をするようになりました。

恋愛の勉強をするために、会社の同僚との飲み会を断ったり食事に費やす時間をけずったりもしました。

そのときに買った恋愛マニュアル本は根性論や精神論で書かれていることが多く、当時の僕には役に立ちませんでした。

ちなみに、僕が買った恋愛マニュアル本には、

  • 女の子には他の男が言わないような褒め言葉を使え
  • 好きな子にはアタックし続けろ
  • 服を買うことを趣味にしろ

上記のような当たり前のことばかり書かれていました。

僕が買った恋愛マニュアル本の著者はもともとモテる人なので「彼女いない歴=年齢=童貞」の僕には合わなかったのです。

 

恋愛サイトの方は女性心理やデートでやるべきことなどが分かりやすく書かれていましたが、物覚えの悪い僕にはうまく使いこなすことができませんでした。

 

一度ですが、恋愛サイトの情報を参考にしてミラーリングというテクニックを使用したこともあります。

ミラーリングとは、相手がコップを持ったら自分もコップを持ったり、話す内容をマネしたりして相手に親近感を与えるテクニックです。

僕がこのテクニックを使ったところ「何コイツ・・・」と変な空気になったのを覚えています。

人の真似をしても不快に思われるか気持ち悪く思われるだけなので、ミラーリングのような謎のテクニックは使わないほうが良いです。

 

恋愛サイトを片っ端から調べていたところ、論理的でわかりやすく恋愛について語られている恋愛サイトを見つけました。

かなり不安だったのですが、無料のメールマガジンがありましたので登録してみました。僕はあまり頭は良くないのですが、そんな僕でも理解できる「恋愛でのいろは」や、女性の考え方・デートで使えるテクニックがメルマガ内でまとめられていました。

ちなみに僕の師匠が運営するサイトです(最終的には仕事を教えてもらう関係になりました)。

 

僕はメルマガのほうで勉強をしながら、出会いを増やすために昔の知り合いにも連絡を取ってみることにしました。

新しく出会いを増やすことだけを考えるのではなく、昔の顔馴染みから恋愛対象を掘り起こそうとしたのです。

 

step5.
昔の知り合いに連絡した

僕は学生時代の友人にも連絡を取ることにしました。いくら出会いの場やマッチングアプリで新しい相手を探しても手応えがなかったからです。

あと、昔の知り合いなら仲良くなりやすいのではないか、と考えたという理由もあります。

 

学生時代の後輩をデートに誘ったところOKをもらえたので、何回かデートをしました。

最後は勇気を振りしぼってホテルに連れ込み、見事彼女ゲットとともに童貞も卒業したのです。

 

僕は自分磨きをしつつデートの経験を増やしていたので、大学の後輩とスムーズに付き合うことができました。

しかし、その子と付き合うまではデートで恥をかいたり、婚活パーティでマッチングできず帰ったりと発狂しそうな毎日でした。

「こんなことに金を使うなら、彼女を諦めて毎月風俗に通ったほうがいいんじゃないの?」こんなことが頭に浮かぶぐらいです。

 

でも、僕はデートや出会いの場で失敗したときは、ちゃんと次に活かすよう心がけていました。

「失敗は次に活かせば失敗ではなくなる」という言葉があります。

僕は失敗ばかりの人生ではありましたが、たくさん失敗してきたからこそ人としての深みが出てきたように感じるし、少しずつ自分なりにうまくいく方法というものが分かってきました。

人と比べても仕方がないので、自分の人生は自分の物差しで生きていくしかないと思っています。

 

彼女の作り方分かったら行動しようぜ

僕が彼女がどうやって作ったかという話と、彼女を作るために必要なポイントについてお話してきました。

彼女をつくるためのプロセスはとてもシンプルです。

一番大変なのは諦めずに努力を続けることです。

恋愛だけでなく仕事もそうですが、結果が出ないのは量をこなしていないからです。

あなたが何もせずにカワイイ女性が話しかけてきてくれることはないので、彼女がほしいのなら努力を続けるしかありません。

 

野球で例えると、しっかり練習(自分磨き)をしてたくさん試合に出る(デートする)ことで、ヒットやホームランが打てるのです。

ちなみに、試合(デート)に出続ければまぐれでもヒットが打てることがあります。

恋愛で結果が出ていないのなら、デートをひたすらこなすという考え方も持っておいてください。

 

出会いの場やデートに行っても彼女ができない人は、どこかで恋愛について学んだほうがいいかもしれません。

無料で学べる恋愛メール講座はこちら

あなたにできることからやってみてくださいね。

 

では、今回は以上にします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!