• 元30歳童貞魔法使い
  • 恋愛のオンラインサロン運営経験あり(1年2ヶ月)
  • 出版系のビジネスも行なっている

 

ワークショップや懇親会も10回以上開催しています。

 

提供しているもの

恋愛講師として、10日でルックスを変えるメール講座」を運営しています。

僕は恋愛においては実際にアクションを起こさないと結果は出ないと考えています。そのため「行動してもらうこと」を最重要項目としています。

このブログを読んで「なるほど、ためになった!」で終わるのではなく、実生活で何かしらチャレンジしてほしいです。

 

もしも「個別のアドバイスがほしい!」と思われましたら「Skypeコンサルについて」のページをご確認ください。

 

ごあいさつ

このブログは「最短ルートで童貞を捨てる」をコンセプトに、僕の実体験にもとづいた恋愛テクニックを発信しています。

ちなみに僕は30歳まで恋愛経験ゼロの男です。でも、恩師との出会いや数多くの失敗を経て童貞卒業&彼女ゲットを達成しました。

 

  • 35歳童貞
  • 顔がブス
  • 女の子が苦手
  • 引きこもり
  • お金がない。借金ばかり
  • フリーター
  • ハゲてる

あなたにも上記のようなの悩みがあるかもしれません。

ちなみに僕もかなりやばかったです。

 

このブログを読んでいるあなたとも長い付き合いになるかもしれませんし、少し長めの自己紹介をさせていただきます。 

 

 

(以下、僕の昔話です)
___________________________________________

 

 

僕はとある片田舎で田んぼに囲まれて育ちました。

田舎の子供って「わんぱく小僧」みたいなイメージがありますよね。

僕はその逆で、挨拶すらロクにできない愛想の悪い子供でした。

人から話しかけられても、会話の内容が理解できずにフリーズしてしまうことが多かったです。

話しかけられたことには気づいているのですが、言葉を理解して話すことができません。

結果、「愛想の悪い子だな」と思われてしまうのです。

「コミュ障あるある」ですね。

 

大学に入り、コミュニケーションについて勉強しているときに「アスペルガー症候群」という病気を見つけ「やべ、めっちゃ当てはまってるじゃん」とビックリしたことを覚えています。

 

  • 意見を求められたときにピント外れなことを言ってしまったり(「会話のキャッチボールができない」と何度も言われました)、
  • 「一人になるのが怖い」から万年補欠の野球部員を高校まで続けたり(18名のメンバー外、スタンドからの応援要員です)、
  • 一生童貞っぽいな」と言われてもヘラヘラ笑ってごまかしたり(どう言い返したらいいかわからなかったのです)、
  • 浪人していることを大学の同級生に言えなかったり(少し仲良くなってから「実は浪人してるんよ」と言ってました)、
  • あきらかに嫌われている子にしつこくアプローチしてしまったり(僕を好きになってもらいたかったのです)、

 

コミュニケーションでうまくいかなかったのは、病気が原因でもあったんですね。

 

あと、好きな子ができても「俺には無理だから」とすぐに諦めていました。

もちろん、その子が他の男と付き合ったという話を聞くと落ち込みます。

 

変わりたいという気持ちはあったけど、うまく行動に移すことはできませんでした。

 

25歳で初デート

人とまともにコミュニケーションが取れない僕でしたが、社会人になって人並みに仕事はできるようになりました(「会話ができない代わりに量をこなそう」と考えていました)

 

ただ、女性はとてつもなく苦手でした。

 

「あいつ絶対童貞だろ」と会社の上司に陰口を言われたこともあります(しっかり聞こえました)。

 

初デート(当時25歳)のお相手だったFさんとのやり取りは忘れません。

 

女の子とまともに会話をしたことのない僕でしたが、大学時代に好きだった女の子をデートに誘うことができました。

メールでデートを取り付けた日、心臓がバクバクしすぎて寝れませんでした。

胃薬を水で大量に流し込んでから集合場所の駅に行ったことを覚えています。

 

「人生初のデートが好きな女の子と」とか無理ゲーですよね。

 

案の定、デートで行った居酒屋では何を話せばいいかわからず、緊張を隠すためヘラヘラと笑いながら酒をガバガバと飲みました。

無言の気まずい雰囲気になるたびに、酔いに任せてひたすら喋りました。

解散後に「今度は駅前の○○(居酒屋名)に行こうね!」とメールがきましたが、それ以降連絡が返ってくることはありませんでした。

 

ずっと好きな子だったので、一週間メシが喉を通りませんでした。

 

 

そうこうしているうちに25歳になり、「一生童貞で死ぬ」将来をリアルに感じました。

「たぶん何もしなかったら一生彼女できないだろうな」というのは、今までの不器用な人生からなんとなくわかりました。

それと同時に、恋愛から逃げていた自分にもムカつきました。

「確かにコミュ障で会話は苦手だけど、それを言い訳にしている自分に腹が立つ」と、よく分からないんですが、ひとまず恋愛で頑張ることを決めました。

 

20数年生きてくると、自分のスペックの低さというのはなんとなくわかってくるものです。

なので、人の2倍3倍頑張ってでも結果を手に入れることを意識して恋愛活動に取り組んでいきました。

婚活パーティーには数十回参加したし(ほぼ誰とも連絡先を交換できずトボトボ帰るだけ)、Y○Cという出会い系サイトに1万円課金したのに誰とも出会えないなど(YY○ではサクラに引っかかり、別の有料サイトに誘導されました)、遠回りをたくさんしました。

 

  • 合コンも
  • 街コンも
  • クラブも
  • 料理教室も
  • キャバクラも
  • 婚活パーティーも
  • 社会人サークルも

すべて「最初は一人で参加」してきました。

一人で参加するのは正直怖かったです。

でも、このまま一度も女性と交わることもできず死ぬのはもっとイヤ。

だから、一人で行動できたんだと思います。

 

恋愛ノウハウについては、当時はまともな書籍すら売っていなかった(書店には並んでいなかった)ので、インターネットでひたすら恋愛サイトを調べまくりました。

 

恩師との出会い

いつものように恋愛サイトをチェックしていると、非常に詳しく述べられているブログを見つけました。

ほとんどの恋愛サイトは「モテる男は素直」「仕事を頑張っている男が好かれる」などと抽象的な内容しか載っていなかったのですが、その人のサイトは相席屋や婚活パーティーの戦い方などが具体的に述べられていました。

婚活パーティーで実際にその方法を試してみると、本当にマッチングできたんですね。

 

「この人は本物に違いない」

 

そう考えた僕は、その人をメンターとして研究することにしました。

僕はガチのコミュ障だったので、メンターから20万の会話教材を買ったり、コンサルを受けたりしました。

「自分の会話を録音して復習するといい」と言われたので、その通りに実行しました。スマホに録音アプリを入れ、街コンや婚活パーティーなどでの自分の会話を録音し、家に帰ってから復習するというサイクルを取り入れました。

オススメのファッションサイトを参考にハイブランドの服も買いまくりました。

 

僕は不器用なので30年かかりましたが、目標としていた童貞卒業&彼女ゲットを果たすことができたのです。 

 

新たな目標

僕は「童貞を捨てたい」「彼女がほしい」という気持ちだけで突っ走ってきました。

でも、実際に望んだものを手に入れて感じたのは「あ、こんなもんか」いう気持ちだけ。

受験勉強で「合格はスタートライン」と言われるのといっしょで、初体験は全然ゴールじゃないことに気付きました。

 

はじめて付き合った彼女とは結婚できるイメージが考えられなかったので、その子とは別れ再び恋愛のフィールドに足を踏み入れました。

 

次なるゴールは「最高の彼女をつくること」。

「モテるためには何が必要か?」自分に問いかけながら生きる毎日。

 

メンターの仕事のお手伝いもさせていただき、失敗を繰り返しつつも貴重な体験をしてきました。

僕はどちらかといえば自分に自信がない人間でしたが、数多くの失敗と成功体験のおかげで少しだけ自分のことを認められるようになりました。

 

あと、アスペルガー症候群はだいぶ克服できました。

たまにピントがずれたことを言ってしまいますが、すぐに軌道修正するのでそこまで大きなミスになることはありません。

これもすべて、恋愛に全力で打ち込んだおかげです。

 

恋愛は他の男との戦いそのもので、完全に弱肉強食の世界。

でも、自分磨きのプロセスで自分に自信をもてるようになるし、一生大切にしたいと思える仲間ができることもあります。

 

僕は、恋愛を教えるだけでなく、今後の人生においてプラスになるような影響を与えられる男を目指しています。

僕の意見に賛同いただけるあなたは、これからもお付き合いください。

 

あなたは成功できる人

このブログにたどり着き、なおかつこの文章を読んでいるあなたは素晴らしい人です。

「自分から必要な情報を取りにいく」というのは誰にでもできることではありません。

たいていの人は仕事が終わったら家に帰ってyoutube見て飯食って寝るだけ。休みの日は昼ごろに起きて飯食って買い物してジム行って終わり、みたいな生活をしています。

「変わるための行動をする」ってめちゃくちゃ大変だし、エネルギーを使うことなんです。

だから、これからも諦めずに勉強を続けてほしいです。

 

超情報社会の今、モテるためのノウハウなんていろんなブログで紹介されています。

いろいろと調べているあなたなら、モテるテクニックなんて十分すぎるほど持ち合わせているはずです。

きっと、うまくいかないのは一歩踏み出す勇気がでないから。失敗するのが怖いからだと思います。

 

子供のころできなかったことでも、大人になったらできるようになってたりするように、玉砕覚悟でやってみると案外できるものです。

玉砕したらしっかり落ち込んで、反省して再チャレンジです。

どうにもならなくなったら、仲間に相談して気持ちを吐き出して、それからまた頑張っていけばいいのです。

 

今後ともよろしくお願いします。

名前のサイン